ヤリタナゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤリタナゴ
ヤリタナゴ関東.JPG
ヤリタナゴ Tanakia lanceolata
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
上目 : 骨鰾上目 Ostariophysi
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
亜科 : タナゴ亜科
Acheilognathinae
: アブラボテ属 Tanakia
: ヤリタナゴ T. lanceolata
学名
Tanakia lanceolata
(Temminck & Schlegel, 1846)
和名
ヤリタナゴ

ヤリタナゴ(槍鱮、Tanakia lanceolata )は、条鰭綱コイ目コイ科アブラボテ属に分類される淡水魚の一種。

ヤリタナゴ

分布[編集]

朝鮮半島西部と日本本州四国九州北部)に分布する。日本産のタナゴ類としては、日本国内における分布域がもっとも広範な種である。

形態[編集]

体長10-13cm。体形は側扁し、タナゴ類としては体高が低く、近縁種とされるアブラボテに比べ前後に細長い。体色は銀白色で、肩部に暗斑は入らず、体側面にある緑色の斑紋も細く不鮮明。種小名 lanceolata は「槍の穂先のような」の意で、和名とほぼ同義である。

側線は完全で、側線が通るの数(側線鱗数)は36-39。口角に1対の長い口ひげがある。背鰭の条間膜には、アブラボテ属の特徴として紡錘型の暗色班が入る。分布が極めて広いため地域によって形態に差異がみられる。九州産のものは特に形態差が大きく、体高が低くスマートであるほか、背鰭条数が本州産のそれよりも1-2本多い。

オス婚姻色は産地により多少の差異がみられる。体色は胸部が鮮やかなオレンジ色に、その他は淡い緑に染まる。背鰭前縁と尻鰭下縁、産地により尾鰭中央後端にオレンジ色が発色し、下腹部および腹鰭、尻鰭下部は黒くなる。メスには淡いオレンジ色の短い産卵管が現れる。

生態[編集]

流れが緩やかで水草の豊富な河川用水路等に生息する。 食性は雑食で、小型水生昆虫甲殻類藻類等を食べる。 繁殖形態は卵生で、3-8月にドブガイマツカサガイニセマツカサガイ等のイシガイ科淡水生二枚貝に産卵する。孵化した仔魚はそのまま母貝内で成長し、1ヶ月ほどで母貝から浮出する。1年で成熟し、寿命は2-3年である。

保全状態評価[編集]

準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト

Status jenv NT.svg

開発による生息地の破壊とそれに伴う二枚貝類の減少、ブラックバスブルーギルの食害等により生息数は減少している。霞ヶ浦ではオオタナゴによる競合駆逐が問題となっている。2007年には環境省レッドリストの準絶滅危惧カテゴリに記載された。

人間との関係[編集]

食味が苦く小骨も多いため一般的ではないものの、佃煮や雀焼き等で食用に供されることもある。肝吸虫等の寄生虫を保持する可能性があるので生食は避けた方がよく、加熱調理が必要である。

釣り飼育の対象魚となることもある。丈夫で人工環境にも慣れやすく飼育は容易である。飼育下での繁殖法としては、二枚貝を同居させ自然に産卵させる方法と、繁殖期の雌雄から卵と精子を搾り出し人工受精させる方法があるが、どちらも管理が難しい。観賞魚としてペットショップ等でも販売されているが、日本に広く分布する種とはいえ遺伝子汚染や病気の伝播等が考えられるので、野外へ遺棄してはならない。

参考文献[編集]

  • 『原色ワイド図鑑5 魚・貝』 学習研究社、1984年、11項
  • 『小学館の図鑑NEO 魚』 小学館、2003年、13項
  • 『タナゴのすべて』 マリン企画、2004年、10P、144P

関連項目[編集]

外部リンク[編集]