ヤマル航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤマル航空
ОАО «Авиационная транспортная компания «Ямал»
IATA
YC
ICAO
LLM
コールサイン
YAMAL
設立 1997年
ハブ空港
準ハブ空港
焦点空港
保有機材数 26
就航地 37
本拠地 ロシアの旗 ロシア サレハルド
外部リンク www.yamal.aero
テンプレートを表示
ヤマル航空のボーイング737–500、モスクワで2008年に撮影。
ヤマル航空のツポレフ Tu-134、モスクワで2003年に撮影。

ヤマル航空(ヤマルこうくう、ロシア語: ОАО Авиационная транспортная компания «Ямал»英語: Yamal Airlines)は、ロシアサレハルドに拠点を置く航空会社[1]。地域的な旅客便の運行を手がけており、設立は1997年である。

乗り入れ空港[編集]

2013年2月の時点で、ヤマル航空の乗り入れ空港は以下の通りであった[2]

アジア[編集]

アルメニアの旗 アルメニア
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン

ヨーロッパ[編集]

ドイツの旗 ドイツ
モンテネグロの旗 モンテネグロ
ロシアの旗 ロシア
セルビアの旗 セルビア
 ウクライナ

機材[編集]

2015年9月の時点で、ヤマル航空は以下の機材を運行している。

機種 運行中 計画 座席 注記
エアバスA320 7 3 164[8] エコノミー/ビジネス併設 (Y:156, C:8)[8]
エアバスA321 2 3 220[8] エコノミー/ビジネス併設
ボーイング737-400 3 __ 158[8] エコノミー/ビジネス併設 (Y:150, C:8)[8]
ボーイング737-500 1 132[9] エコノミー/ビジネス併設
ボンバルディア CRJ-200 10 __ 50[8] エコノミーのみ
ボンバルディア チャレンジャー 850英語版 1 __ 13[8] VIP
LET L-410 2 __ 19[8] エコノミーのみ
スホーイ・スーパージェット100 0 10 TBA

今後、ボーイング737の退役により、エアバスA320系の機材が20機まで増強される見込みである。

脚注[編集]

  1. ^ "Главная страница." Yamal Airlines. Retrieved on 27 February 2012. "ОАО «АТК «Ямал» Ул. Авиационная,27 г. Салехард ЯНАО 639004 Россия "
  2. ^ Polet-Sirena
  3. ^ В продажу поступили авиабилеты на рейсы из Белгорода в Тюмень”. Последние новости. Международный аэропорт Белгород. 2013年2月15日閲覧。
  4. ^ Из Барнаула в Москву с новым перевозчиком авиакомпанией "Ямал".”. Новости компании. Авиапредприятие «Алтай». 2013年8月16日閲覧。
  5. ^ Новые рейсы Москва-Мурманск откроют авиакомпании "Ямал" и "РусЛайн". Nord-News. (2012年10月9日). http://www.nord-news.ru/news/2012/10/09/?newsid=38225#comm 2012年10月9日閲覧。 
  6. ^ Новый маршрут авиакомпании "Ямал"”. Yamal Airlines. 2013年7月17日閲覧。
  7. ^ АВИАКОМПАНИЯ "ЯМАЛ" 27 ИЮЛЯ ВОЗОБНОВИЛА РЕЙСЫ ПО МАРШРУТУ ОДЕССА-МОСКВА.”. Odessa International Airport. 2013年7月29日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h НАШ ФЛОТ”. Ямал. 2015年11月21日閲覧。
  9. ^ Planespotters.net page for Yamal airlines

外部リンク[編集]