ヤマノイモ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤマノイモ科
Nagaimo.Japan.JPG
ナガイモ(Dioscorea japonica
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: ユリ目 Liliales
: ヤマノイモ科 Dioscoreaceae
  • 本文参照

ヤマノイモ科(ヤマノイモか、Dioscoreaceae)は単子葉植物の科で、8属、800種ほどからなるが、大多数はヤマノイモ属(Dioscorea)に属する。草本または低木、多くがつる性地下茎または担根体いも)をもつ。

は6枚の花被、6または3本の雄蕊をもち、子房下位。大部分の種で単性花で、雌雄異株のものが多い。果実は3室に分かれ、さく果(ヤマノイモ属の種子は扁平で翼がある)、液果または翼果となる。

世界の熱帯から温帯に分布し、特に熱帯に多い。ヤマノイモ属にはヤマノイモナガイモなどのほかヤムと総称されるいも類が含まれ、熱帯の一部では重要な作物である。

分類[編集]

狭義のヤマノイモ科6属(一部をヤマノイモ属にまとめる説もある)と、形態が大きく異なる他の2属(AvetraTrichopus:Trichopodaceae科として分けることもある)とに分けられる。前者はつる性または低木で、葉腋から花序(総状、穂状または円錐)を出す。後者は地下茎からロゼット状に茎が出て、先に1-3個の両性花がつき、その根元に葉が1枚だけつき、インド洋沿岸に隔離分布する。

APG植物分類体系ではタシロイモ科(Taccaceae)もヤマノイモ科に含める。