ヤマイグチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤマイグチ
Birkenpilz01.jpg
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
: 真正担子菌綱 Agaricomycetes
: イグチ目 Boletales
: イグチ科 Boletaceae
: ヤマイグチ属 Leccinum
: ヤマイグチ L. scabrum
学名
Leccinum scabrum
(Bull.) Gray (1821)
シノニム
  • Boletus scaber Bull. (1783)
  • Krombholzia scabra (Bull.) P.Karst. (1881)

ヤマイグチ(Leccinum scabrum)は、イグチ科食用キノコである。ヨーロッパには広く分布し、アジアヒマラヤ山脈、その他北半球に分布する。カバノキ菌根にのみ生じ、6月から10月に子実体をつける[1][2]。恐らく持ち込まれたものが帰化したオーストラリアニュージーランドでも増え始めている。

記載[編集]

の幅は、5-15cmである。形は、当初は半球型であるが、後に扁平型になる。傘の表面は茶色で、通常、縁の色は薄い[3]。傘は平滑・無毛で、乾燥しており、粘着性がある[3]

孔口は若いうちは白く[3]、年を経ると灰色になる。古いものでは、傘の孔口は膨らんでおり、柄の周りのものは強くくぼんでいる。孔口の覆いは容易に外れる。

は長さ5-15cm、幅1-3.5cm、白色で、上に向かって細くなっている[3]。菌糸体は白い。

は白く、日光にさらすと黒くなることがある[3]。若い個体では比較的柔らかいが、特に雨季には、すぐにスポンジ状になり、水を貯える。調理すると、肉は黒くなる。

ヤマイグチは、カリフォルニア州等、本来自生する範囲の外の鑑賞用のカバノキの木の根元で発見された[4]

分布[編集]

様々な年代のヤマイグチ

ヨーロッパ原産であるが、世界中の様々な場所で帰化し、主に都市部で見られる[3]。ニュージーランドでは、ヨーロッパシラカンバだけで見られる[5]

利用[編集]

食用になるが、それほど価値があるとは見なされないこともある[6]塩水に漬け込んで食べることもある。また、他の種類のキノコと一緒に揚げたり蒸したりして食べる。フィンランドロシアでは、食用としてよく収穫される[7]

2009年以降にアメリカ合衆国で出されたいくつかの報告によると、摂取する際に注意を要するとされている[8][9]

類似の種[編集]

ヤマイグチ属の他のいくつかの種もカバノキの菌根で見られ、真菌学者でも混同することがある。アオネノヤマイグチは青い柄を持つ。L. oxydabileは柔らかく桃色の肉で、傘の風合いも異なる。L. melaneumはより暗い色で、傘や柄の表皮の下の色は黄色っぽい。L. holopusは全ての部分がより淡い白っぽい色である。


出典[編集]

  1. ^ Fergus, C. Leonard & Charles (2003). Common Edible & Poisonous Mushrooms of the Northeast. Mechanicsburg, PA: Stackpole Books. pp. 51–52. ISBN 0-8117-2641-X. https://archive.org/details/commonediblepois00ferg 
  2. ^ Arora D. (1986). Mushrooms Demystified: A Comprehensive Guide to the Fleshy Fungi. Berkeley, California: Ten Speed Press. pp. 541–542. ISBN 0-89815-169-4. https://archive.org/details/mushroomsdemysti00aror_0/page/541 
  3. ^ a b c d e f Trudell, Steve; Ammirati, Joe (2009). Mushrooms of the Pacific Northwest. Timber Press Field Guides. Portland, OR: Timber Press. pp. 227-228. ISBN 978-0-88192-935-5. https://books.google.com/books?id=WevHvt6Tr8kC 
  4. ^ Leccinum scabrum”. California Fungi. 2009年10月18日閲覧。
  5. ^ McNabb RFR. (1968). “The Boletaceae of New Zealand”. New Zealand Journal of Botany 6 (2): 137–76 (see p. 169). doi:10.1080/0028825X.1968.10429056.  オープンアクセス
  6. ^ Phillips, Roger (2010). Mushrooms and Other Fungi of North America. Buffalo, NY: Firefly Books. p. 276. ISBN 978-1-55407-651-2 
  7. ^ Ohenoja, Esteri; Koistinen, Riitta (1984). “Fruit body production of larger fungi in Finland. 2: Edible fungi in northern Finland 1976–1978”. Annales Botanici Fennici 21 (4): 357–66. JSTOR 23726151. 
  8. ^ Bakaitis, Bill. “Diagnosis at a Distance”. 2011年11月28日閲覧。
  9. ^ Land, Leslie. “Wild Mushroom Warning: The Scaber Stalks (Leccinum species) May No Longer Be Considered Safe”. 2009年7月18日閲覧。

関連文献[編集]

  • Kallenbach: Die Röhrlinge (Boletaceae), Leipzig, Klinkhardt, (1940–42)
  • Gerhardt, Ewald: Pilze. Band 2: Röhrlinge, Porlinge, Bauchpilze, Schlauchpilze und andere, (Spektrum der Natur BLV Intensiv), (1985)

外部リンク[編集]