ヤニ・リーマタイネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヤニ・リーマタイネン
Jani Liimatainen
Sonata Helmond2006 Jani.jpg
Live at Helmond, Netherlands on April 28, 2006.
基本情報
出生名 Jani Allan Kristian Liimatainen
生誕 (1980-09-09) 1980年9月9日(38歳)
出身地  フィンランド ラッピ州 ケミ
ジャンル ネオクラシカルメタル
プログレッシヴメタル
メロディックスピードメタル
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
レーベル スパインファーム・レコード
ニュークリア・ブラスト
共同作業者 ソナタ・アークティカ
ケインズ・オファリング
インソムニウム
Altaria
Sydänpuu
Neverday
Graveyard Shift
Dream Asylum
公式サイト www.janiliimatainen.net
イングヴェイ・マルムスティーン
メタリカ
ガンズ・アンド・ローゼズ
ストラトヴァリウス

ヤニ・リーマタイネンJani Liimatainen1980年9月9日 - )はフィンランドケミ出身のミュージシャンギタリスト)。現在はケインズ・オファリングのギタリストで、ソナタ・アークティカの前ギタリストである。

略歴[編集]

1980年9月9日フィンランドの北部、ラッピ州ケミに生まれる。ガンズ・アンド・ローゼズメタリカに触発され、12歳でギターを始める。当初は王道のロックギタースタイルを標榜していたが、イングヴェイ・マルムスティーンの音楽に触れたことで、それまでのギタースタイルが一変し、1日6~10時間もの練習を続け、高度な演奏技術を身に付ける。

1996年にTricky Beans(後のソナタ・アークティカ)に加入。自身の本格的なバンド経験はこれが最初であった。1997年に、Tricky Meansにバンド名を変更。最終的にソナタ・アークティカと名乗るようになり、音楽性も当初のものより、メロディックで、ドラマティックなパワー・メタルへと変貌を遂げていった。1999年に4曲入りのデモを製作。このデモがフィンランドHR/HM専門レーベルスパインファーム・レコードの目に留まり契約。同年秋アルバム「Ecliptica」でアルバムデビュー。翌年3月には日本盤もリリースされた。その後4枚のアルバムを重ね、ソナタ・アークティカのギタリストとして、華麗で技巧的な彼のギタープレイは、バンドサウンドに欠かせないものとして高い評価を獲得する。

しかし2007年8月ソナタ・アークティカのオフィシャルサイトにてヤニ・リーマタイネンの脱退が発表される。これは、音楽的方向性の違いと自身の兵役問題が重なったための脱退であった。同年10月には、ポール・ディアノのフィンランドツアーにサポートギタリストとして参加。2009年7月、ソナタ脱退より2年を経て新バンドケインズ・オファリング (Cain's Offering)にてアルバム『Gather the Faithful』をリリース。本格的なシーン復帰を果たした。

2015年秋からインソムニウムのライヴセッションギタリストとしてツアーに参加した。

外部リンク[編集]