ヤニス・バルファキス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤニス・バルファキス
Γιάνης Βαρουφάκης
ヤニス・バルファキス2019年2月)
生誕 (1961-03-24) 1961年3月24日(59歳)
ギリシャの旗 ギリシャ王国アテネ
国籍 ギリシャの旗 ギリシャ
オーストラリアの旗 オーストラリア二重国籍[1]
研究機関 イースト・アングリア大学
ケンブリッジ大学
シドニー大学
アテネ大学
テキサス大学オースティン校
研究分野 ゲーム理論政治経済学
母校 エセックス大学(B.A., Ph.D.)
バーミンガム大学(M.Sc.)
影響を
受けた人物
影響を
与えた人物
テンプレートを表示
ヤニス・バルファキス
Γιάνης Βαρουφάκης
所属政党 急進左派連合(2015年 – )
配偶者 ダナエ・ストラトウ(後妻)
公式サイト Yanis Varoufakis

ギリシャの旗 ギリシャ財務大臣
内閣 アレクシス・ツィプラス内閣
在任期間 2015年1月21日 - 7月6日
大統領 カロロス・パプーリアス
プロコピス・パヴロプロス

在任期間 2015年2月5日 -
テンプレートを表示

ヤニス・バルファキス[2]ファロファキス[3]ギリシャ語: Γιάνης Βαρουφάκης, ラテン文字転写: Gianis Varoufakis英語: Yanis Varoufakis1961年3月24日 - )は、ギリシャ経済学者政治家である。正式名はイオアニス・ゲオルギウ・ヴァルファキスギリシア語: Ιωάννης Γεωργίου Βαρουφάκης[4])。現代ギリシア語の発音に従い、ヴァルファキスとも表記される[5]

経歴・人物[編集]

学歴[編集]

研究歴[編集]

学界や政界でのその他の経歴[編集]

2002年、アテネ大学に経済学博士課程を作り、その責任者を務めた[7]

2006年に、アメリカ合衆国の不動産を震源とする金融危機が発生し、それがウォール街を経てギリシャに及ぶだろうと予測した[7]。この予想は、サブプライム住宅ローン危機として的中した[8]2008年世界金融危機によってアメリカ合衆国による一極体制が潰えた事を受け、自身の公式ウェブサイトに「2008年以後の世界への思想」(原文:THOUGHTS FOR THE POST-2008 WORLD)という表題を付けている。

2010年頃から、ギリシャは支払い不能でありユーロ圏にいる間にデフォルトするべきだと主張し始めた[7]2011年12月、ギリシャを離れてバルブ・コーポレーションコンサルタントを務めた[9]

2015年1月ギリシャ議会総選挙で当選、1月27日アレクシス・ツィプラス首班とする急進左派連合(SYRIZA)政権の財務大臣英語版に就任した[2]。しかし、7月5日に行われた緊縮財政政策への国民投票で反対票が賛成票を上回った結果を受けて、翌7月6日に辞任を表明した。

かつて全ギリシャ社会主義運動(PASOK)への助言を行っていたが、同党の課した緊縮財政策に反発、以来反緊縮を掲げる急進左派連合への支持を表明していた[8]。一方で人脈的には市場原理主義者に近く、ギリシャの急進左派連合政権に送り込まれた「トロイの木馬」という見方も出ている[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • Talking to My Daughter About the Economy. The Bodley Head Ltd, 2017 (9781847924445)
『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』 関美和訳、ダイヤモンド社, 2019年
  • Adults in the Room: My Battle With Europe's Deep Establishment. London and New York: Random House, 2017 (9781473547827) The Guardian ranked Adults in the Room #86 in its list of 100 Best Books of the 21st Century.[10]
『黒い匣 (はこ) 密室の権力者たちが狂わせる世界の運命――元財相バルファキスが語る「ギリシャの春」鎮圧の深層』 朴勝俊, 山崎一郎, 加志村拓, 青木嵩, 長谷川羽衣子, 松尾匡訳、明石書店, 2019年
  • And the Weak Suffer What They Must? Europe's crisis, America's economic future. New York: Nation Books, 2016 (U.S. edition, 9781568585048); And The Weak Suffer What They Must?: Europe, Austerity and the Threat to Global Stability. London: The Bodley Head, 2016 (UK edition, 9781847924032)[11]
  • The Global Minotaur英語版. London and New York: Zed Books, 2011; 2nd ed, 2013; 3rd ed, 2015[12]
  • Europe after the Minotaur: Greece and the Future of the Global Economy. London and New York: Zed Books, 2015 (9781783606085)
  • Economic Indeterminacy: A personal encounter with the economists' most peculiar nemesis. London and New York: Routledge, 2013 (0415668492)
  • Modern Political Economics: Making sense of the post-2008 world. London and New York: Routledge, 2011 (with Joseph Halevi and ニコラス・テオカラキス英語版)
  • Foundations of Economics: A beginner's companion. London and New York: Routledge, 1998 (translation in Mandarin)
  • Game Theory: A critical introduction. London and New York: Routledge, 1995 (with Shaun Hargreaves-Heap), 978-0415094023. 2nd rev ed, 2004 (Game Theory: A critical text), 978-0415250955 (translated also in Japanese)
  • Rational Conflict. Oxford: Blackwell UK|Blackwell, 1991

編著[編集]

  • Game Theory: Critical Perspectives. Volumes 1–5, London and New York: Routledge, 2001
  • Conflict in Economics. Hemel Hempstead: Harvester Wheatsheaf and New York: St Martin's Press, 1990 (with David P. T. Young)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 世界を揺さぶる 混迷ギリシャのブルース・ウィリス”. 週刊文春 (2015年2月20日). 2015年2月25日閲覧。
  2. ^ a b c ギリシャの「革ジャン財務相」強気発言でも注目”. 読売新聞 (2015年2月11日). 2015年2月11日閲覧。
  3. ^ ゲーム理論「批判的入門」S.P.ハーグリーブズ・ヒープ, ヤニス・ファロファキス 著,荻沼隆 訳 国立国会図書館
  4. ^ Hellenic Parliament: MPs’ contact details
  5. ^ ヴァルファキス大臣:国民投票でNOを選択する6つの理由”. カッパドキアプレス (2015年7月4日). 2015年8月24日閲覧。
  6. ^ Curryculum Vitae of Yanis Varoufakis、2015年7月7日閲覧
  7. ^ a b c ギリシャ経済の真実指摘した教授、「国外脱出」の憂き目”. ブルームバーグ (2012年5月25日). 2015年2月25日閲覧。
  8. ^ a b 新財務相に反緊縮派 ギリシャ”. しんぶん赤旗 (2015年1月29日). 2015年2月25日閲覧。
  9. ^ 元Valveのコンサルタントがギリシャの財務大臣に就任”. Game*Spark (2015年1月28日). 2015年2月11日閲覧。
  10. ^ 100 Best Books of the 21st Century”. 2019年12月8日閲覧。
  11. ^ Yanis Varoufakis. “AND THE WEAK SUFFER WHAT THEY MUST?”. 2016年9月2日閲覧。
  12. ^ Graeme Wearden. “Greece debt crisis: ECB tightens screw ahead of emergency eurozone summit – as it happened”. The Guardian. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。

外部リンク[編集]

公職
先代:
ギカス・ハルドウベリス英語版
ギリシャの旗 ギリシャ財務大臣
2015年1月21日 - 2015年7月6日
次代:
エフクリディス・ツァカロトス