ヤコポ・アミゴーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤコポ・アミゴーニ
Jacopo Amigoni
Self portrait by Jacopo Amigoni, probably London, 1730-1735, oil on canvas - Hessisches Landesmuseum Darmstadt - Darmstadt, Germany - DSC01160.jpg
自画像
生誕1685年ころ
ナポリヴェネツィア
死没1752年9月
マドリード

ヤコポ・アミゴーニ(Jacopo Amigoni、Giacomo Amiconiとも、1685年ころ – 1752年9月[1])はイタリア生まれの画家である。ドイツ、イギリス、スペインなどヨーロッパ各地で活動した。

略歴[編集]

ナポリヴェネツィア[2]で生まれたとされる。アミゴーニの絵のスタイルからはナポリ派の画家、ルカ・ジョルダーノを中心とする画家たちの影響が見られ、フランチェスコ・ソリメーナローマの画家たちの影響も見られる。フランスでも修行した後、1717年からバイエルンで働き、ミュンヘンのニンフェンブルク宮殿で働き、1719年からはシュライスハイム城、1725年から1729年はオットーボイレン(Ottobeuren)のベネディクト会修道院の壁画を描いた。

1730年から1739年の間はイギリスで働き、イギリスでは劇場の舞台美術の仕事をし、貴族の邸宅の装飾画を描いた。この間パリでも働いた。

イタリアに戻り、修道院の装飾画を描いた後、1747年から亡くなるまでは、マドリードで働き、宮殿の装飾画を描き、王室歌手としてマドリードで働いていた有名なオペラ歌手、ファリネッリの肖像画も描いた。1752年にルイ=ミシェル・ヴァン・ローの後任として、フェルナンド6世の宮廷画家に任じられ、その年創立された王立サン・フェルナンド美術アカデミーの校長に任じられたが、その年に亡くなった。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Thompson Cooper (1874). A New Biographical Dictionary: Containing Concise Notices of Eminent Persons of All Ages and Countries: and More Particularly of Distinguished Natives of Great Britain and Ireland. Macmillan. pp. 48–. https://books.google.com/books?id=phhGJXvlcUkC&pg=PA48 
  2. ^ Leslie Griffin Hennessey, Jacopo Amigoni, PhD diss., University of Kansas, 1983. She places his birth "most likely about 1685."

参考文献[編集]