ヤコビ線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤコビー線から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
腰椎麻酔。ヤコビ線を参考にする。

ヤコビ線(Jacoby line)とは、左右の腸骨稜の最高点を結んだ線のこと。腰椎穿刺腰椎麻酔を安全に行うための基準となる[1]

概要[編集]

脊髄腰椎1番もしくは2番の位置で脊髄円錐となり、その後は終糸という細い構造物となる[1][2]。ヤコビ線は腰椎の4番程度の位置にある。終糸は髪の毛より少し太い程度の構造物が脳脊髄液に浮いているような状態であるため、針を刺した場合、針を避け傷つける可能性は極めて低く[2]、ヤコビ線より下方で針を刺すことにより安全に腰椎穿刺や腰椎麻酔を行うことができる[2]。臨床的に重要なラインである。ただ、妊婦に関しては妊娠中は腰椎前湾が高度になるため、ヤコビ線のみに依存した診断は不正確になる場合があることも指摘されている[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 解剖実習の手びき 南山堂発行 ISBN 978-4-525-10311-8
  2. ^ a b c カラー図解人体の正常構造と機能 全10巻縮刷版 日本医事新報社発行 ISBN 978-4784931781
  3. ^ “Ultrasound Assessment of the Vertebral Level of the Intercristal Line in Pregnancy”. Internationala anesthesia research society. (2011年4月28日). http://www.anesthesia-analgesia.org/content/113/3/559.abstract 2011年10月4日閲覧。 

関連項目[編集]