ヤグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヤグルは旧約聖書に登場する町の名前である。「住居」を意味するヘブル語で、ユダ族の相続地の一つで、エドムの国境近くにある最南端の町である。

ユダ族は11の地区に分けられていたが、ヤグルはその第1地区であった。ベエル・シェバの東14kmにあり、現在はテル・クールであると言われる。

南ユダ王国ウジヤは異邦人の町であったグル・バアルを平定した。このグル・バアルはヤグルであると言われる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]