ヤクザと憲法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
ヤクザと憲法
監督 圡方宏史
製作 阿武野勝彦
出演者 川口和秀
山之内幸夫
指定暴力団二代目東組二代目清勇会
音楽 村井秀清
撮影 中根芳樹
編集 山本哲二
製作会社 東海テレビ放送
配給 東海テレビ放送
公開 日本の旗 2016年1月2日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ヤクザと憲法』(ヤクザとけんぽう)は、東海テレビ放送2015年3月に放送されたドキュメンタリー番組。また、これを再編集して2016年に公開された日本のドキュメンタリー映画。監督は圡方宏史。

概要[編集]

タイトルは、日本国憲法第14条が定める「法の下の平等」にヤクザは含まれるのか、という問題を指す。取材スタッフは指定暴力団・二代目東組(大阪市西成区)の二次団体である二代目清勇会に100日間密着し、40分テープ500本分の映像を撮影した。主にヤクザの日常生活を追いかけ、「謝礼金は支払わない。収録テープ等を事前に見せない。顔へのモザイクは原則かけない」という約束で行われた。放送業界ではタブーとされている暴力団を真正面から撮影したと述べられている[1]

2016年7月25日、渋谷にオープンしたばかりの「Shibuyaロフト9」で上映会とトークイベントが開催された。トークイベントには阿武野勝彦(プロデューサー)、圡方宏史(監督)、山之内幸夫(弁護士)、安田好弘(本作品の法律監修をした弁護士)、宮崎学(作家)が参加した。さらにサプライズゲストとして川口和秀(二代目清勇会会長)と大野大介(清勇会若頭)も登壇した[2]

2016年12月には、CS日本映画専門チャンネルで『東海テレビドキュメンタリー傑作選』の1つとして、TV初放送された。

2018年10月2日に出演していたヤクザ達が大阪市内のビルの建設資金約500万円の支払い免れるために、1月に建設関係者の男性を「なめきってんちゃうか」などと組員ら10人ほどで取り囲んで脅迫などした罪で逮捕された[3]

出演 (取材対象者)[編集]

  • 川口和秀 (二代目清勇会会長)
  • 山之内幸夫 (弁護士)
  • 大野大介 (清勇会若頭)
  • 松山尚人 (清勇会部屋住み)
  • 河野裕之 (清勇会事務局長)
  • 隈村州男 (清勇会若頭補佐)
  • 今井進 (清勇会舎弟頭)
  • 大石和政 (清勇会舎弟)
  • 金城健護 (清勇会部屋住み)
  • 猪原かをよ (山之内の事務員)
  • 二代目東組二代目清勇会

スタッフ[編集]

  • プロデューサー - 阿武野勝彦
  • 音楽 - 村井秀清
  • 音楽プロデューサー - 岡田こずえ
  • 撮影 - 中根芳樹
  • 音声 - 野瀬貴弘
  • オーサリング - 山口幹生
  • TK - 河合舞
  • 音響効果 - 久保田吉根
  • CG - 松井裕哉
  • 編集 - 山本哲二
  • 法律監修 - 安田好弘
  • 映像協力 - 関西テレビ放送
  • 監督 - 圡方宏史
  • 制作 - 東海テレビ放送

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 東海テレビ取材班、「ヤクザと憲法 『暴排条例』は何を守るのか」、 岩波書店
  • 『ヤクザと憲法』劇場用パンフレット

関連項目[編集]

外部リンク[編集]