ヤオハンジャパン硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤオハンジャパン硬式野球部
チーム名(通称) ヤオハン
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム(1985年~1991年、1998年はクラブチーム
創部 1985年
廃部 1998年
チーム名の遍歴

  • 日本野球体育学園 (1985)
  • 天城ベースボールクラブ (1986 - 1991)
  • ヤオハンジャパン (1992 - 1997)
  • アムウェイ・レッドソックス (1998)
本拠地自治体

都市対抗野球大会
出場回数 2回
最近の出場 1997年
最高成績 2回戦敗退
社会人野球日本選手権大会
出場回数 なし
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 3回
最近の出場 1998年
最高成績 優勝(2回)

ヤオハンジャパン硬式野球部(ヤオハンジャパンこうしきやきゅうぶ)は、静岡県沼津市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟していた社会人野球の企業チームである。

運営母体は、小売業者ヤオハン

概要[編集]

1985年、元プロ野球選手江藤愼一静岡県田方郡天城湯ケ島町(現:伊豆市)を本拠地とし、『日本野球体育学園』(通称「江藤野球塾」)を設立。

1986年、チーム名を『天城ベースボールクラブ』に改称した。同年のクラブ選手権に初出場を果たす。

1991年、元プロ野球選手の岡嶋博治を監督に招聘すると[1]、5年ぶり2度目の出場となった同年のクラブ選手権で優勝を果たした[2]

1992年から、ヤオハン・ジャパンと業務提携し、チーム名を『ヤオハンジャパン硬式野球部』に改称した。登録種別もクラブ登録から企業登録へ変更した[1]。選手強化を進め、スリーボンド・中山恵一(日体大)、本田技研鈴鹿・羽山忠宏(東海大)等が移籍して戦力もアップしていった。

1994年には、沼津市代表として都市対抗野球に初出場し[1]、1回戦でいすゞ自動車を破り初勝利をあげた。

1997年、3年ぶり2度目の都市対抗野球出場を決めたが初戦敗退に終わる。同年9月、親会社の倒産により活動を休止する。

1998年アムウェイと業務提携した上でクラブチームの『アムウェイ・レッドソックス』として再出発する。女子の登録選手がおり、同年のクラブ選手権の1回戦で代打として出場し四球を選び出塁した。社会人野球における全国規模の大会で、女子選手が出場したのは初めてのことであった[3]。同大会ではその後も勝ち進み2度目の優勝を果たすが、同年限りで活動を終了した。

設立・沿革[編集]

  • 1985年 - 『日本野球体育学園』として創部。
  • 1986年 - チーム名を『天城ベースボールクラブ』に改称。クラブ選手権に初出場。
  • 1991年 - クラブ選手権で初優勝。
  • 1992年 - ヤオハン・ジャパンとの業務提携に伴い、チーム名を『ヤオハンジャパン硬式野球部』に改称し、登録種別を企業登録に変更。
  • 1994年 - 都市対抗野球に初出場(2回戦敗退)。
  • 1997年 - 母体の倒産により活動休止。
  • 1998年 - アムウェイとの業務提携の上、『アムウェイ・レッドソックス』として再出発。クラブ選手権で2度目の優勝。同年限りで活動終了。

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

元プロ野球選手の競技者登録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “目指せ!!黒獅子旗”. 毎日新聞: p. 24. (1994年7月7日) 
  2. ^ “天城、初の日本一”. 毎日新聞: p. 12. (1991年9月2日) 
  3. ^ “女子初、全国デビュー”. 毎日新聞: p. 13. (1998年8月8日) 

関連項目[編集]