マウロ・ゴメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モーロ・ゴメスから転送)
移動先: 案内検索
マウロ・ゴメス
Mauro Gómez
阪神タイガース #5
2014T05.jpg
マット・マートン(左)と共に(2014年5月18日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 ドミニカ共和国の旗 ペラビア州バニ
生年月日 1984年9月7日(31歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 2003年 アマチュアFA
初出場 MLB / 2012年5月13日
NPB / 2014年3月28日
年俸 2億円(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マウロ・アレクシス・ゴメスMauro Alexis Gómez, 1984年9月7日 - )は、 阪神タイガースに所属するドミニカ共和国出身のプロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

プロ入りとマイナー時代[編集]

2003年テキサス・レンジャーズに入団。2009年11月9日にFAとなり、11月30日にアトランタ・ブレーブスへ入団したが、2011年11月2日にFAとなった。

2012年2月2日にボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ。5月13日の対クリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビューを果たした。以後、3Aとメジャーを行き来したが、8月18日以降はシーズン終了までメジャーでプレーした。3Aでは100試合で打率.310・24本塁打・74打点を記録し、インターナショナルリーグのMVPに選ばれた[2]。9月には阪神の新外国人候補として名前が浮上した[3]が、阪神は結局ブルックス・コンラッドと契約したため、この時は実現しなかった。

2013年3月31日にDFAになり、4月8日にウェーバートロント・ブルージェイズへ移籍。マイナーリーグでは自己最多の29本塁打を記録したが、それまで2年連続で.300を超えていた打率は.249まで低下し、結局メジャーから声がかかることはなかった。9月5日にワシントン・ナショナルズへウェーバー放出されたが、ナショナルズではマイナーでも試合出場がなく、11月14日に放出された。11月22日に、2年越しでゴメスの獲得調査を進めてきた阪神が、ゴメスと1年契約を結んだことを発表した[4]背番号は「5」で、契約総額は年俸85万ドル(当時約8,500万円)を含む120万ドル(同約1億2,000万円)[5]。阪神では、前年に獲得したコンラッドが二塁と三塁を守れるユーティリティープレイヤーであった一方で打撃が不振だった反省から、守備よりも本塁打が期待できる選手に絞り、ゴメスに白羽の矢を立てた[6]。なおゴメス以外には、その後2014年途中に埼玉西武ライオンズに入団することになるエルネスト・メヒアも獲得の最終候補の一人に挙がっていた[6]。ゴメスは数年にわたり3Aで成績を残しながらも、なかなかメジャーでチャンスをもらえなかったことから「モチベーションを保つことが大変だった」と話しており、阪神と契約したことについて「本当に嬉しい」と語った[7]

阪神時代[編集]

2014年春季キャンプ前、妻がドミニカで第1子の長女を出産。さらに、この長女が体調不良で入院した[8]ため、キャンプへは2月11日になってようやく合流した[9]。この影響で、オープン戦には終盤に出場しただけだった。しかし、公式戦の開幕戦であった3月28日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(東京ドーム)に4番・一塁手としてスタメンに起用され、来日初安打・初打点を記録[10]したことを皮切りに、本拠地・阪神甲子園球場での自身初の公式戦になった4月8日の対横浜DeNAベイスターズ戦まで、阪神の外国人選手としては初めて開幕戦からの10試合連続安打を記録した[11]。また、4月24日の対DeNA戦(横浜スタジアム)第2打席に適時打を放ったことで、和田豊が現役時代の1997年に達成した開幕24試合連続出塁の球団記録を更新[12]し、後に記録を27試合まで伸ばした[13]。さらに、9月20日の対中日ドラゴンズ(甲子園)戦で、阪神の外国人選手では初めてとなる来日初年度の100打点を達成[14]。レギュラーシーズンでは、一軍公式戦1試合に欠場したが、残りの143試合すべてに4番・一塁手として出場。26本塁打を放つとともに、通算109打点で打点王のタイトルを獲得したほか、一塁手としてベストナインに選ばれた[15]。チームのシーズン2位で迎えたポストシーズンでは、巨人とのクライマックスシリーズ ファイナルステージ(東京ドーム)4試合でステージ史上最多の8打点を記録し、日本シリーズ進出に貢献。福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでも、甲子園での第1戦(10月25日)で2安打2打点を記録した[16]。しかし、第2戦以降は振るわず、シリーズ通算では0本塁打・3打点・打率.176という成績にとどまった。シリーズの終了後には、2年目の選択権を球団が保有することを条件に、2年契約を結んだ[17]

2015年は、春季キャンプに先立ち1月25日に日本到着の予定であったが、その出発前、ドミニカの自宅駐車場に停めていた自家用車が車上狙いに遭い、車内に置いていたパスポートビザを入れたバッグが盗まれた。阪神球団の渉外担当がドミニカへ渡ってパスポートやビザの再発給を手配し、2月8日にキャンプへ合流した[18]が、2年連続でのキャンプ遅刻となった。公式戦には開幕から4番・一塁手として出場。4月21日の対DeNA戦(横浜スタジアム)では、来日後最長の5試合連続打点を記録した[19]。しかしシーズンを通じて好不調の波が激しく[20]、レギュラーシーズン全143試合に出場しながら17本塁打・72打点・打率.271で終了。特に13試合に出場した東京ドームでの対巨人戦の成績は打率.188・本塁打0・打点0にとどまった。不振の中にあった9月2日の対広島東洋カープ戦(甲子園)では、試合前のフリー打撃練習中に、気分転換のつもりで私物のドローンを操作し、グラウンド上の選手・コーチや報道関係者の至近距離をおよそ10分にわたって飛ばすという一件があった[21][22]。人物や施設への損害はなかったが、当時日本各地でドローンの無断飛行が問題になっていたことを背景に、周辺が住宅街である甲子園で、練習中に飛ばしたことを問題視した阪神球団から厳重注意を受けた。この試合では4番・一塁手としてスタメン起用されたが4打数無安打3三振で[23]、翌9月3日の同カードで来日後初めて4番から5番に降格した[24]。チームのレギュラーシーズン3位で臨んだ巨人とのクライマックスシリーズ ファーストステージでは、第2戦(10月11日)の1回表に菅野智之から2点本塁打を放ち、東京ドームでこの年自身唯一の打点を記録。続くマット・マートンも菅野からソロ本塁打を放ったため、外国人選手だけによるNPBポストシーズン史上初の2者連続本塁打となった[25]。シリーズ終了後の12月4日、球団は契約2年目の選択権を行使し、残留させることを発表した[1]

2016年春季キャンプ前の1月28日、同じくドミニカ出身で新たに阪神に入団したマルコス・マテオラファエル・ドリスと共に日本に到着。入団後初めてキャンプに初日から参加した[26]

選手としての特徴[編集]

一塁手として起用されることが多いが、アメリカ球界時代には三塁手として出場した経験もある[5]

阪神入団時の一軍監督・和田豊は、ゴメスの獲得に至った決め手として、メジャーリーグへの初昇格直後の対ニューヨーク・ヤンキース戦(2012年7月6日)を挙げた。ゴメスはこの試合で、第2打席までヤンキースの先発投手・黒田博樹の前に凡退しながら、第3打席で勝ち越し適時打を放った。和田は、日本人投手の典型である外角へのスライダーを拾って適時打を放ったシーンの映像を通じて、試合中での対応・修正能力の高さを感じた[27]

人物[編集]

阪神へ先に入団していたマートンと仲が良く、サインの横に片仮名で「ゴメス」という字を添えるなど、マートンに倣って入団1年目から日本やチームに溶け込もうとする姿勢を見せた[28]。また、公式戦で本塁打を放つたびに、チームメイトの今成亮太とベンチの前で「ヒップアタック」(互いに背中を向けて後方に飛び上がりながら尻をぶつけ合うパフォーマンス)を披露している[29]

飛行機での移動が苦手。阪神1年目の2014年には、6月15日に米子市民球場で行われた対広島戦の後、空路で移動したチームとは別に、通訳とともに列車を乗り継いで大阪に戻った[30]。同年11月にドミニカへ帰国した際は、新神戸駅から新幹線で東京駅まで移動し、関東の空港からの航空便を利用した[31]

NPBでの退場歴[編集]

30歳の誕生日だった2014年9月7日の対中日戦(ナゴヤドーム)6回表の打席で、中日の雄太が投じた3球目の内角ギリギリのストレートを球審の原信一朗がストライクと判定したことに抗議し、ボールの軌道をなぞるように打席の線をバットで引く仕草を見せたところ、原への侮辱行為としてNPBで自身初の退場処分を受けた。記録は三振[32]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 BOS 37 111 102 14 28 5 2 2 43 17 0 0 0 1 8 0 0 26 4 .275 .324 .422 .746
2014 阪神 143 616 537 81 152 30 2 26 264 109 1 0 0 4 67 0 8 166 17 .283 .369 .492 .861
2015 143 601 520 49 141 28 0 17 220 72 0 1 0 3 72 1 6 134 15 .271 .364 .423 .787
MLB:1年 37 111 102 14 28 5 2 2 43 17 0 0 0 1 8 0 0 26 4 .275 .324 .422 .746
NPB:2年 286 1217 1057 130 293 58 2 43 484 181 1 1 0 7 139 1 14 300 32 .277 .366 .458 .824
  • 2015年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



一塁 三塁
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2012 BOS 16 114 14 1 13 .992 9 7 7 4 0 .778
2014 阪神 133 1008 60 10 93 .991 -
2015 138 1114 61 11 79 .991 -
MLB:1年 16 114 14 1 13 .992 9 7 7 4 0 .778
NPB:2年 271 2122 121 21 172 .991 -

タイトル[編集]

NPB

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

MLB初記録
NPB初記録
NPBその他の記録
  • 外国人選手だけによる2者連続本塁打:2015年10月11日、対読売ジャイアンツ クライマックス・シリーズ ファーストステージ第2戦(東京ドーム)、1回表に菅野智之からゴメスによる2点本塁打と次打者のマット・マートンによるソロ本塁打によって達成。ポストシーズン史上初の記録。

背番号[編集]

  • 50 (2012年)
  • 5 (2014年 - )

登場曲[編集]

  • "Con To Los Cascabeles" - El Alfa (2014年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “阪神がゴメスと来季契約を発表、球団通じ「うれしい」”. 日刊スポーツ. (2015年12月4日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1575162.html 
  2. ^ Mauro Gomez named International League MVP, post season All-Star Boston.com
  3. ^ 虎新助っ人判明!城島と正妻競ったクレメント サンケイスポーツ、2012年9月11日。
  4. ^ マウロ・ゴメス選手との契約締結について 阪神タイガース公式サイト、2013年11月22日配信
  5. ^ a b 阪神4番ゴメス&守護神に呉昇桓を獲得 日刊スポーツ、2013年11月23日付
  6. ^ a b 『週刊ベースボール』2014年12月22日号、p.26
  7. ^ “ゴメス虎入り決定「優勝に貢献したい」”. デイリースポーツ. (2013年11月23日). http://www.daily.co.jp/tigers/2013/11/23/0006519039.shtml 2014年7月7日閲覧。 
  8. ^ 阪神ゴメスが第1子の体調不良で来日延期 日刊スポーツ、2014年2月5日付
  9. ^ 阪神ゴメス、合流即打撃練習「90%かな」 日刊スポーツ、2014年2月11日付
  10. ^ 阪神ゴメス頼れる2二塁打2打点デビュー 日刊スポーツ、2014年3月29日付
  11. ^ ゴメス、開幕10連続安打 虎外人最長 デイリースポーツ、2014年4月8日付
  12. ^ 阪神ゴメス、連続出塁記録で和田監督超え 日刊スポーツ、2014年4月25日付。ただし、和田が開幕24試合連続安打のNPB記録を同時に達成したのに対して、ゴメスの記録には四球のみで出塁の4試合を含んでいる。
  13. ^ 阪神ゴメス27戦連続出塁でストップ 日刊スポーツ、2014年4月29日付
  14. ^ “ゴメス100打点 来日1年目達成は球団初”. 日刊スポーツ. (2014年9月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140920-1369997.html 2014年9月22日閲覧。 
  15. ^ “虎史上初!ゴメス来日1年目で打点王!5選手がセ界タイトル獲得”. サンケイスポーツ. (2014年10月8日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20141008/tig14100805010001-n1.html 2014年10月8日閲覧。 
  16. ^ “阪神 ゴメスが先制&中押し打「自分のスイングできた」”. スポーツニッポン. (2014年10月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/25/kiji/K20141025009168060.html 2015年10月20日閲覧。 
  17. ^ “阪神・ゴメス、来季2億円で契約「うれしい…長時間の飛行機移動も我慢できる」”. サンケイスポーツ. (2014年12月9日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20141209/tig14120919130016-n1.html 2014年12月9日閲覧。 
  18. ^ “ゴメスやっと来日ひたすらゴメンナサイ”. デイリースポーツ. (2015年2月8日). http://www.daily.co.jp/tigers/2015/02/08/0007723101.shtml 2015年10月20日閲覧。 
  19. ^ “ゴメスV二塁打 来日最長の5試合連続打点「逃さず打てた」”. 日刊スポーツ. (2015年4月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/04/22/kiji/K20150422010214410.html 2015年10月20日閲覧。 
  20. ^ 阪神ゴメス残留ピンチ 守護神呉昇桓は去就不透明 日刊スポーツ、2015年10月13日。
  21. ^ “ゴメスお目覚め!一挙7点猛爆で堅首”. デイリースポーツ. (2015年9月6日). http://www.daily.co.jp/tigers/2015/09/06/0008370992.shtml?pg=3 2015年10月20日閲覧。 
  22. ^ “ドローン出現に甲子園が騒然!犯人は…ゴメスでした”. 日刊スポーツ. (2015年9月2日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1532180.html 2015年10月20日閲覧。 
  23. ^ “ドローン飛ばして打球飛ばせず…お騒がせゴメス3三振 虎首位転落危機”. スポーツニッポン. (2015年9月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/09/03/kiji/K20150903011056880.html 2015年10月20日閲覧。 
  24. ^ “ドローン騒動の阪神ゴメス初めて4番外れるも4の0”. 日刊スポーツ. (2015年9月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1532739.html 2015年10月20日閲覧。 
  25. ^ “阪神ゴメス、マートン連弾 開始10分2球で決めた”. 日刊スポーツ. (2015年10月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1551574.html 2015年10月20日閲覧。 
  26. ^ “ゴメス、シャープな体で来日 3年目で初「2・1」キャンプイン”. 日刊スポーツ. (2015年4月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/01/28/kiji/K20160128011934410.html 2015年10月20日閲覧。 
  27. ^ 週刊ベースボール』2014年6月2日号、p.33「もっと熱くなれ!和田豊監督の固い決意」
  28. ^ “ゴメス「オオキニ!」5階席V弾 顔は怖いがノリは関西風”. スポーツニッポン. (2014年5月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/05/22/kiji/K20140522008207740.html 2015年10月20日閲覧。 
  29. ^ “阪神今年の勝利の儀式は「尻ティ」”. 東京スポーツ. (2014年7月5日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/286844/ 2016年1月8日閲覧。 
  30. ^ “阪神・ゴメス、飛行機苦手…3時間以上かけ陸路で帰阪”. サンケイスポーツ. (2014年5月16日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140516/tig14051605000011-n1.html 2015年10月21日閲覧。 
  31. ^ “飛行機苦手の阪神ゴメス、新幹線で帰国”. 日刊スポーツ. (2014年11月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20141105-1392341.html 2015年10月20日閲覧。 
  32. ^ “阪神ゴメス初退場!バットでお絵かき?”. 日刊スポーツ. (2014年9月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140907-1363164.html 2015年10月20日閲覧。 
  33. ^ a b c d e f http://www.baseball-reference.com/players/gl.cgi?id=gomezma01&t=b&year=2012 2014年4月18日閲覧。
  34. ^ a b http://www.baseball-reference.com/boxes/BOS/BOS201205130.shtml 2014年4月18日閲覧。
  35. ^ a b http://www.baseball-reference.com/boxes/OAK/OAK201207040.shtml 2014年4月18日閲覧。
  36. ^ http://www.baseball-reference.com/boxes/BOS/BOS201207060.shtml 2014年4月18日閲覧。
  37. ^ http://www.baseball-reference.com/boxes/BOS/BOS201208250.shtml 2014年4月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]