モーリス・ピアラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モーリス・ピアラMaurice Pialat,1925年8月21日 - 2003年1月11日)はフランス出身の映画監督

映画監督になる前は画家だった。フィリップ・ガレルジャック・ドワイヨンとともに「ポスト・ヌーヴェルヴァーグ」の作家とされる。ワン・シーンをワン・カットで撮る長いショットが特徴の一つ[1]。。

1983年の『愛の記念に』でセザール賞作品賞を、1987年の『悪魔の陽の下に』でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。ジェラール・ドパルデューサンドリーヌ・ボネールを好んで起用したほか、自身も俳優として自らの作品に出演している。

日本ではこれまでVHSのリリースにとどまっていたが、2014年に監督作の内4作品がDVDBlu-ray化され、紀伊國屋書店から発売される。

主な監督作品[編集]

  • 裸の少年期(1969年)- クロード・ベリが製作担当
  • 愛の記念に À nos amours (1983年)
  • ソフィー・マルソーの刑事物語 Police (1985年)
  • 悪魔の陽の下に Sous le soleil de Satan (1987年)
  • ヴァン・ゴッホ Van Gogh (1991年)
  • パパと呼ばないで Le Garçu (1995年)

脚注[編集]

  1. ^ 中条省平『フランス映画史の誘惑』(集英社新書 2003年pp.213-219)。

外部リンク[編集]