モーリス・ド・ブロイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

モーリス・ド・ブロイこと第6代ブロイ公爵ルイ=セザール=ヴィクトル=モーリスLouis-César-Victor-Maurice, 6e duc de Broglie, 1875年4月27日 - 1960年7月14日)はフランス物理学者ルイ・ド・ブロイの兄である。

パリに生れた。1906年に父の死によってブロイ公爵家を継いだ。子供は早世したため、モーリスの死後、公爵家は弟ルイが継いだ。

海軍士官学校を卒業した後、フランス海軍に9年間在籍した。物理、電磁気学に興味を持ち、1904年に海軍を辞め、ポール・ランジュバンの下で物理学を学び、1908年に学位を得た。X線回折分光学の研究を行い、結晶を一定速度で回転させて回折パターンを取る方法でX線の吸収を観測した。第一次世界大戦の間は海軍のための通信の仕事をした。大戦後は自宅に実験室を作り、弟ルイと研究を行った。ルイが理論物理学で業績を上げたのに対して、モーリスは実験物理学の方面で活躍した。1928年にヒューズ・メダルを受賞、1934年にアカデミー・フランセーズに、1940年に王立協会のメンバーに選ばれ[1]、1942年にコレージュ・ド・フランスランジュバンの席を継いだ。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Broglie; Louis Cesar Victor Maurice de (1875 - 1960); Duc de Broglie” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。
前任:
ピエール・ド・ラ・ゴルス
アカデミー・フランセーズ
席次37

第15代:1934年 - 1960年
後任:
ウジェーヌ・ティスラン