モーリス・エウィット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

モーリス・エウィット(Maurice Hewitt, 1884年10月6日[1] - 1971年11月7日)は、フランスヴァイオリン奏者、指揮者

アニエール=シュル=セーヌの生まれ。 パリ音楽院ヴァイオリンを学び、トゥーレ四重奏団、サイレ四重奏団、ドーソン四重奏団のメンバーを経て、1918年にカペー四重奏団に加わり、第4次カペー四重奏団ではColumbiaに優れた室内楽を録音している。1929年にカペーが死亡するが、自らが第1ヴァイオリンになり、新たに第2ヴァイオリンのメンバーを加入させ、エウィット4重奏団として1943年迄は続けていた 。また、エウィット室内管弦楽団を創設している。 1940年からレジスタンス活動にも従事し、1943年にナチス・ドイツ軍の捕虜としてブーヘンヴァルト強制収容所に送られたという経歴も持つ。[2]

捕虜から放たれると、第二次世界大戦後は、エウィット室内管弦楽団を率いて、1950年代まで演奏活動を続けた。

パリにて没。[3]

脚注[編集]

  1. ^ Olivier Lalieu La zone grise?: la résistance française à Buchenwald, Tallandier, 2005, p.232
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]