モータータンパク質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モータータンパク質(Motor protein)とは、アデノシン三リン酸(ATP)加水分解によって生じる化学エネルギーを運動に変換するタンパク質のことである。アクチン上を動くミオシン微小管上を動くキネシンダイニンが知られている。