モーゼス・アブラモヴィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モーゼス・アブラモヴィッツ
人物情報
生誕 1912年1月1日
ニューヨーク州, ブルックリン
死没 2000年12月1日
カリフォルニア州, スタンフォード
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 ハーバード大学, コロンビア大学
学問
研究分野 経済学
研究機関 スタンフォード大学
主な業績 経済史
テンプレートを表示

モーゼス・アブラモヴィッツ(Moses Abramovitz、1912年1月1日 - 2000年12月1日)は、アメリカ合衆国ブルックリン生まれの経済学者である。専門は経済史学、景気循環論、国際開発論である。1980年にアメリカ経済学会会長を務めた。

略歴[編集]

家族[編集]

  • 彼は、Callrie Grasserと1937年に結婚し、1999年に彼女が死ぬまでともに生活した。彼女は国際的に有名な画家、彫刻家である。
  • 子どもは一人息子のJoslである。

著作[編集]

  • Price Theory for a Changing Economy, 1939
  • Role of Inventories in Business Cycles, 1948
  • Inventories and Business Cycles, 1950
  • The Trend of Public Employment in Great Britain, with V. Eliasberg, 1954
  • Resource and Output Trends in the US since 1870, 1956
  • The Welfare Interpretation of Secular Trends in National Income and Product, 1959
  • The Nature and Significance of Kuznets Cycles, 1961
  • Evidences of Long Swings in Aggregate Construction since the Civil War, 1964
  • The Passing of Kuznets Cycles, 1968
  • Reinterpreting Economic Growth: Parables and realities, with P. David, 1973
  • Rapid Growth Potential and its Realization, 1979
  • Economic Growth and Its Discontents, 1979
  • Catching Up, Forging Ahead and Falling Behind, 1986
  • Thinking About Growth and Other Essays, 1989
  • The Search for the Sources of Growth: Areas of Ignorance, Old and New, 1993
  • Convergence and Deferred Catch Up, with P. David, 1996
  • What Economists Don't Know About Growth, 1999