モーシェ・アレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モーシェ・アレンス

モーシェ・アレンスמשה ארנסMoshe Arens1925年12月27日 - 2019年1月7日)は、イスラエル航空工学専門家、外交官政治家。同国外務大臣、国防大臣などを歴任したほか、ユダヤ・サマリア大学学長なども務めた。リクード党所属。

来歴[編集]

リトアニア語モシェ・アレンサスMošė Arensas)としてリトアニアカウナスに生まれ育つ。1982年から1983年までイスラエル駐米大使、1983年から1984年、1990年から1992年まで国防大臣 Minister of Defence、1988年から1990年まで外務大臣

1939年ナチスの蛮行を避けアメリカに移住する。1948年アラブ諸国との戦争の最中にイスラエルに移り、イルグンに所属して闘う。

1973年に結党されたリクードの創成期のメンバーであり、党内でも強硬派に属した。

1991年湾岸戦争の際は国防相として、サッダーム・フセインと対峙。イラクからミサイル攻撃を受けた際は、当時、住宅建設相だったアリエル・シャロンと共に、イラクへの報復攻撃を強く主張。

1992年には、一度は政界を退くが、1999年1月、直弟子にあたるベンヤミン・ネタニヤフ首相から乞われ政界復帰。国防相に再登板する。その後もネタニヤフの相談相手として、たびたび助言を行った。ガザ地区撤退計画には反対の立場だった。

イスラエルの大手新聞「ハアレツ」によく寄稿した。

2019年1月7日にテルアビブ近郊サヴヨン英語版にある自宅で死去。93歳没[1]

出典[編集]