モーガン・スパーロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Morgan Spurlock at the Tribeca Film Festival.jpg

モーガン・スパーロック(Morgan Spurlock、1970年11月7日 - )はアメリカ合衆国ウェストヴァージニア州出身の映画監督脚本家プロデューサー。代表作はアカデミー賞の長編ドキュメンタリー部門にもノミネートされ、ドキュメンタリー映画として大ヒットを記録した『スーパーサイズ・ミー』。民主党支持者[1]

他に、プロダクト・プレイスメント、広告、マーケティングについてのドキュメンタリー映画で、その映画自体の制作費を得るために、タイアップ企業を探す過程を描いた『POM Wonderful Presents:The Greatest Movie Ever Sold』がある。(同じテーマでTED講演を行っているTED

監督作品[編集]

  • スーパーサイズ・ミー SUPER SIZE ME(2004)
  • 30 days(TVシリーズ) (2005-2008)
  • ビン・ラディンを探せ! スパーロックがテロ最前線に突撃! WHERE IN THE WORLD IS OSAMA BIN LADEN? (2008)
  • ヤバい経済学 Freakonomics(2010)
  • A Day In The Life - あの人の1日(2011)
  • POM Wonderful Presents:The Greatest Movie Ever Sold (2011)
  • ワン・ダイレクション THIS IS US(2013)

出演作品[編集]

監督を兼任している場合は監督作品に記した

  • WHAT WOULD JESUS BUY?/イエスのショッピング 買い物やめろ教会の伝道 WHAT WOULD JESUS BUY? (2007)
  • デスバーガー DRIVE THRU (2007)

出典[編集]

  1. ^ 草思社「ドキュメンタリーは嘘をつく」(p.249、2004年の来日時の発言)

外部リンク[編集]