モンテギュー=ル=ブラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Montaigut-le-Blanc
Blason ville fr Montaigut-le-Blanc (Puy-de-Dôme).svg
Montaigut-le-Blanc - Vue.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏Région オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
département ピュイ=ド=ドーム県Blason département fr Puy-de-Dôme.svg
arrondissement イソワール郡
小郡canton ル・サンシー小郡
INSEEコード 63234
郵便番号 63320
市長任期 クリスティアン・シャボー[1]
2014年-2020年
自治体間連合 fr fr:Communauté de communes des Puys et Couzes
人口動態
人口 808人
2012年
人口密度 36人/km2
住民の呼称 Montacutins
地理
座標 北緯45度35分13秒 東経3度05分26秒 / 北緯45.5869度 東経3.0906度 / 45.5869; 3.0906座標: 北緯45度35分13秒 東経3度05分26秒 / 北緯45.5869度 東経3.0906度 / 45.5869; 3.0906
標高 平均:m
最低:474m
最高:879m
面積 22.26km2
Montaigut-le-Blancの位置(フランス内)
Montaigut-le-Blanc
Montaigut-le-Blanc
テンプレートを表示

モンテギュー=ル=ブランMontaigut-le-Blanc)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏ピュイ=ド=ドーム県コミューン

地理[編集]

サン・ジュリアン村落

コミューンは県南部にあり、アリエ川の支流クーズ・シャンボン川が流れる。モンテギュー=ル=ブランの村落のほか、コミューンは5つの村落や集落であるサン・ジュリアン、レニャ、グルドン、シャズー、クードゥーで構成されている。

標高が最も低い地点はコミューンの東側、クーズ・シャンボン川がモンテギュー=ル=ブランを流れ出て隣のシャンペイへ向かう地点である。標高が最も高いのはコミューンの北西部、ピュイ・ド・グルドンである[2]。クーズ・シャンボン川を見下ろす花崗岩の露頭の上にコミューンはあり、県道71号線、639号線、996号線の交差地点の上にある。コミューンは直線距離では、イソワールの西北西13km、ベス=エ=サンタナステーズの北東15kmのところにある。

歴史[編集]

地名によると、サン・ジュリアンの村落は、11世紀に城の建設中につくられたモンテギュー=ル=ブランよりも以前からあった[3]

モンテギュー=ル=ブランは城の暗い姿が支配的である。それは、1450年代につくられたギヨーム・ルヴェルの紋章に含まれたデザインによって証明されているように、印象的な中世の要塞である。モンテギュー家は強力な領主の家系で、オーヴェルニュのドーファン家の封土に城を所有していた。周囲をブドウ畑や果樹園で囲まれたコミューンは、南フランスの魅力を持っている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
592 524 530 507 568 601 717 808

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[4]、2004年以降INSEE[5][6]

経済[編集]

商業と、工芸品製造が行われる。観光では、2軒のホテル、シャンブル・ドット(朝食付き民宿)、キャンプ場がある。

史跡[編集]

  • 中世の城 - 歴史文化財[7]
  • 中世の入り口 - 12世紀。歴史文化財[8]
  • 教会のロマネスク様式の入り口。13世紀につくられた洗礼盤を収蔵。歴史文化財[9]
  • グルドンのメンヒル
  • サン・ジュリアン村落のカーヴ
  • ロニョンの塔

脚注[編集]