モンティニア科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モンティニア科
RMM 475 Montiniaceae-Kaliphoraceae Grevea madagascariensis Baill. Maintirano, Phot. PG 04 03 08 IMG 3060.JPG
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : シソ類 Euasterids I
: ナス目 Solanales
: モンティニア科 Montiniaceae[1]
学名
Montiniaceae Nakai
  • 本文参照

モンティニア科 (Montiniaceae) は被子植物ナス目に含まれるである[2]マダガスカルアフリカ東部の熱帯地域や南西アフリカに生息している固有の低木から成る3つので構成されている。グレヴェア属モンティニア属は、これまでの被子植物の分類体系のほとんどで認められてきており、本科はかつてこの2属のみから構成されるものと考えられてきた。カリフォラ属は、APG II以降の新しい分類システムでモンティニア科に含まれることになったが、アルメン・タハタジャンの分類体系などの過去の分類体系では、カリフォラ自身をタイプ科とするカリフォラ科のカリフォラ属として扱われていた。

派生形質[編集]

  • 大きな柱頭裂片の痕跡を持つ宿在性花柱[2]
  • 外向性葯
  • 子房下位

主な属[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Angiosperm Phylogeny Group (2009). “An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG III” (PDF). Botanical Journal of the Linnean Society 161 (2): 105–121. doi:10.1111/j.1095-8339.2009.00996.x. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1046/j.1095-8339.2003.t01-1-00158.x/pdf 2013年7月6日閲覧。. 
  2. ^ a b モンティニア科”. Kabeya, Y. and Hasebe, M.. nibb.ac.jp. 2017年6月27日閲覧。