モンセラート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Montserrat
Montserrat des de Manresa.JPG
マンレーザから望むムンサラート山
最高地点
標高1,236 m (4,055 ft)
座標北緯41度35分30秒 東経1度50分16秒 / 北緯41.59167度 東経1.83778度 / 41.59167; 1.83778座標: 北緯41度35分30秒 東経1度50分16秒 / 北緯41.59167度 東経1.83778度 / 41.59167; 1.83778
地形
州/地方ES-CT
所属山脈近沿海山脈
地質
山の種類礫岩
登山
最容易
ルート
ムニストラル・ダ・ムンサラートからのBP-1121号線
Project.svg プロジェクト 山

モンセラート(モンセラット、セラト山、カタルーニャ語:Montserrat)は、スペインカタルーニャ州バルセロナ近郊にあるである。カタルーニャ語の発音(IPA:[munsəˈrat])ではムンサラートまたはムンサラーのようになる(oとu、aとeの中間音)。アーサー王聖杯伝説に登場するベネディクト会のサンタ・マリア・モンセラート修道院付属大聖堂(Monasterio de Montserrat)がある。キリスト教の聖地とされている。

モンセラート修道院
モンセラート修道院

名称[編集]

「モンセラート」とは「ギザギザな山(のこぎり山)」という意味があり、遠くからも見ることができる山肌の形状に由来している。ピンク色の礫岩などの堆積岩によって構成されている。これらは登山家にはよく知られている。

歴史[編集]

伝承によれば、西暦880年のとある土曜日のこと、岩山から強い光が放たれているのを羊飼いたちが見つけた。その後も土曜日になると繰り返し強い光が見られたため、光をたどってみたところ洞窟の中で聖母子像を見つけた。現在では「黒いマリア像」(Virgen de Montserrat)と呼ばれている聖母子像であるが、重すぎで運べなかったため、岩山の山中に大聖堂が建立されたとされる。 スペイン独立戦争の際、修道院はフランス軍の侵略を受けた。現在の修道院は19世紀の中頃に再建されたものである。地方の自治が否定されたフランコ政権下にあってもモンセラートではカタルーニャ語によるミサが続けられたことから、モンセラートは中央集権に抵抗するカタルーニャの象徴となった[2]

交通[編集]

修道院へは道路が整備されている他、バルセロナからカタルーニャ公営鉄道を利用し、谷間を通るモンセラートラック鉄道に乗り換えていくことも可能である。修道院から先はケーブルカーを利用して頂上まで行くことができる。その途中には、かつて隠遁した僧たちが生活していた小屋がある。 最高峰サン・ジェロニ (セント・ジェローム、海抜1236m)へのハイキングも人気である。

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ガウディに魅せられて……バルセロナ、建築と美食の旅”. 朝日新聞. 2018年9月8日閲覧。
  2. ^ 関哲行編『世界歴史の旅 スペイン』山川出版社、2002年、145頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]