モンスターズ/地球外生命体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モンスターズ/地球外生命体
Monsters
監督 ギャレス・エドワーズ
脚本 ギャレス・エドワーズ
製作 アラン・ニブロ英語版
ジェームズ・リチャードソン
製作総指揮 ナイジェル・ウィリアムズ
ニック・ラヴ
ルパート・プレストン
出演者 スクート・マクネイリー
ホイットニー・エイブル英語版
音楽 ジョン・ホプキンス英語版
撮影 ギャレス・エドワーズ
編集 コリン・グーディー
配給 イギリスの旗 ヴァーティゴ・フィルムズ英語版
日本の旗 クロックワークス
公開 イギリスの旗 2010年12月3日
日本の旗 2011年7月23日
上映時間 94分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
スペイン語
製作費 $500,000[1]
興行収入 $4,242,978[1]
次作 モンスターズ/新種襲来
テンプレートを表示

モンスターズ/地球外生命体』(Monsters)は、ギャレス・エドワーズ監督、撮影、脚本による[2]2010年イギリスSF映画である[3]。主演はスクート・マクネイリーホイットニー・エイブル英語版である[4]

あらすじ[編集]

地球外生命体のサンプルを採取したNASAの探査機が、大気圏突入時にメキシコ上空で大破する。その直後から謎の生物が増殖し、メキシコの半分が危険地帯として隔離される。それから6年後、メキシコでスクープを狙うカメラマンのアンドリュー・コールダーは、現地でケガをした社長令嬢サマンサ・ワインデンをアメリカとの国境まで送り届けろと、上司から命じられる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

映画は、これまで視覚効果アーティストとして活動してきたギャレス・エドワーズが考案し、監督した[5]。製作には、ヴァーティゴ・フィルムズ英語版アラン・ニブロ英語版とジェームズ・リチャードソンがプロデューサーとして参加した[6]。設備機材費は1万5千ドルで、製作費は50万ドルであった[7]。ロケ時には予め許可を取らず普段の状態そのままが撮られ、エキストラたちはその当時にたまたま居合わせた一般人である[8]

企画段階では『クローバーフィールド/HAKAISHA』や『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のようにPOV視点で撮影する予定だった[9]

撮影は約3週間にわたり、テキサス州メキシコグアテマラコスタリカで行われた[10]

サウンドトラック[編集]

エレクトロニック・ミュージシャンのジョン・ホプキンス英語版が本作の音楽を作曲、演奏した[11]

公開[編集]

2010年3月13日よりサウス・バイ・サウスウエスト映画祭で初上映された.[12]。3月17日、 マグネット・リリーシングが北アメリカでの配給権を獲得した[13]。5月、カンヌ映画マーケットで上映された[14]。イギリスでは2010年6月18日に、第64回エディンバラ国際映画祭で初上映された[15]

評価[編集]

批評家の反応[編集]

批評家には概ね好意的な評価を受け、Rotten Tomatoesでの支持率は71%で、平均点は10点満点で7.1点であった[16]ロジャー・イーバートは4つ星満点で3つ星半を与えた[17]Moviefoneの2010年のSF映画トップテンでは3位となった[18]

受賞とノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 対象者 結果
英国インディペンデント映画賞 作品賞 ノミネート
監督賞 ギャレス・エドワーズ 受賞
ダグラス・ヒコックス賞(新人監督賞) ギャレス・エドワーズ ノミネート
主演男優賞 スクート・マクネイリー ノミネート
プロダクション賞 受賞
技術貢献賞 視覚効果 – ギャレス・エドワーズ 受賞
英国アカデミー賞 新人賞 ギャレス・エドワーズ(監督・脚本) ノミネート
オースティン映画批評家協会賞 第1回作品賞 ギャレス・エドワーズ 受賞
サターン賞 インターナショナル映画賞 受賞
スクリーム賞 SF映画賞 ノミネート
インディペンデント映画賞 受賞

続編[編集]

2014年に続編『モンスターズ/新種襲来』(原題: Monsters: Dark Continent)がイギリスで公開。日本では、2016年1月9日公開[19]

監督はトム・グリーンに変更されている[20]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Monsters (2010)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年8月11日閲覧。
  2. ^ Ullrich, Chris (2010年3月18日). “SXSW Interview: Director Gareth Edwards Talks ‘Monsters’”. Theflickcast.com. 2010年11月27日閲覧。
  3. ^ Deming, Mark. “Monsters:Overview”. 2010年7月18日閲覧。
  4. ^ Paul (2010年6月25日). “SXSW 2010: MONSTERS Review”. Twitchfilm.net. 2010年11月27日閲覧。
  5. ^ Zimmerman, Samuel (2010年3月11日). “Filmmaker talks SXSW film “Monsters”; exclusive photo”. Fangoria.com. 2010年11月27日閲覧。
  6. ^ Magnet Releasing Takes U.S. Rights to Monsters”. Comingsoon.net (2010年3月16日). 2010年11月27日閲覧。
  7. ^ 'Monsters' and Metaphors With Writer-Director Gareth Edwards - MSN Movies News”. Movies.msn.com. 2010年11月27日閲覧。
  8. ^ Monsters Best Buy Featurette”. Traileraddict.com (2010年10月10日). 2010年11月27日閲覧。
  9. ^ 「モンスターズ…」G・エドワーズ監督に直撃!「ブレア・ウィッチ+宇宙戦争÷2!」「日本人に受け入れられなければ本物のゴジラではない」”. @nifty 映画 (2011年7月22日). 2013年8月14日閲覧。
  10. ^ Cath Clarke. “First sight: Gareth Edwards | Film”. The Guardian. 2010年11月27日閲覧。
  11. ^ McWeeny, Drew (2010年3月23日). “SXSW: 'Monsters' offers up a new view on classic giant monster movies”. Hitfix.com. 2010年11月27日閲覧。
  12. ^ SX Fantastic Preview: Monsters”. Film School Rejects. 2010年10月24日閲覧。
  13. ^ Sauriol, Patrick (2010年3月17日). “Magnet has Monsters”. Coronacomingattractions.com. 2010年11月27日閲覧。
  14. ^ Cannes: The Film Market, Monsters, The Housemaid”. Slashfilm.com (2010年5月13日). 2010年11月27日閲覧。
  15. ^ Logged in as click here to log out. “Film Weekly previews Edinburgh and meets the stars of Kicks”. Guardian. 2010年11月27日閲覧。
  16. ^ Monsters Movie Reviews”. Rotten Tomatoes. 2011年4月30日閲覧。
  17. ^ Monsters :: rogerebert.com :: Reviews”. Rogerebert.suntimes.com. 2010年11月27日閲覧。
  18. ^ Top 10 Sci-Fi Movies of 2010”. Moviefone (2010年12月28日). 2010年12月31日閲覧。
  19. ^ 人気SF映画続編「モンスターズ 新種襲来」2016年1月公開決定!”. 映画.com (2015年9月30日). 2015年9月30日閲覧。
  20. ^ 低予算の話題作『モンスターズ/地球外生命体』続編、地球外生命体がメキシコだけでなく世界中に増殖!”. シネマトゥデイ (2012年6月28日). 2013年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]