モンジュロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Montgeron
Blason Montgeron.svg

Mairie de Montgeron.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) エソンヌ県
(arrondissement) エヴリー郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 91421
郵便番号 91230
市長任期 ジェラール・エロー
2001年-2008年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération Sénart Val de Seine
人口動態
人口 22 859人
2009年
人口密度 人/km2
住民の呼称 Montgeronnais[1]
地理
座標 北緯48度42分14秒 東経2度27分38秒 / 北緯48.7039052度 東経2.4605083度 / 48.7039052; 2.4605083座標: 北緯48度42分14秒 東経2度27分38秒 / 北緯48.7039052度 東経2.4605083度 / 48.7039052; 2.4605083
標高 平均:m
最低:31 m
最高:88 m
面積 11.22km2 (1 122ha)
Montgeronの位置(フランス内)
Montgeron
Montgeron
公式サイト http://www.montgeron.fr/
テンプレートを表示

モンジュロンMontgeron)は、フランスイル=ド=フランス地域圏エソンヌ県コミューン

セナールの森をのぞむ、イエール川とセーヌ川の間の2つの谷の間に位置する。ルイ13世時代に王室の狩場となり、19世紀にはパリのブルジョワ階級の余暇地となり、高名な画家クロード・モネエドガー・ドガも訪れた。

交通[編集]

  • 道路 - 国道6号線。
  • 鉄道 - RER D線モンジュロン-クローヌ駅
  • バス - ノクティリアン、アルバトラン、モビリアンなど各社の路線あり
  • 空港 - オルリー空港とは約8kmの距離。

由来[編集]

1137年にはMons Gisonisと呼ばれていた。13世紀にはMontgisonis、17世紀にはMontgiron-en-Brieと呼ばれた[2]。モンジュロンの名でコミューンとなったのは1793年である[3]

歴史[編集]

18世紀のカッシーニ地図に描かれたモンジュロン
Coin de jardin à Montgeron、1876年、クロード・モネ画、エルミタージュ美術館

セナールの森からは、先史時代の火打石であろう多面体が発見されているので、同時代からの人の定住が証明されている。

この地について言及されたのはルイ7世時代の1147年頃である。12世紀、この土地の北にハンセン病患者の病院がつくられ、1604年まで使われた。この建物は1630年に礼拝所となった。1510年、この土地はドルー・ド・ビュデ家の領地となった。1535年、サン=ジャックサン=クリストフに捧げられた教区教会ができた。1652年にフロンドの乱においてフロンド軍が通過した際、村は荒らされた。

1723年、ハンセン病患者墓地が、村の墓地となった。1798年まで教区教会として使われることになる礼拝堂が建てられた。1775年、プロヴァンス伯爵ルイがモンジュロンにあったシャトーを購入した。セナールの森は王室の狩猟地となった。1754年、1779年の2回、大通りがつくられた。この大通りはヴィルヌーヴ=サン=ジョルジュ村とブリュノワ村の中心へ至る道路への転用が許され、小さなナヴェット川を渡るための橋もかけられた。

19世紀以降、パリとの往来が容易なモンジュロン村は、ブルジョワ階級や芸術家たちの余暇地となった。エクトール・アンリ・マロジャン=バティスト・カミーユ・コロー、ホセ・マリア・エレディア、ルコント・ド・リール、ジャン=ポール・ローラン、ギュスターヴ・ギヨーム、ポール・ブランらが訪れた。1856年に教区教会が再建された。1875年、モンジュロン駅が開業した。1890年、劇作家リュドヴィク・アレヴィはモンジュロンに移り住み、アルベール・バルトロムやエドガー・ドガを迎えている。

モンジュロンは、1903年に初めて開催されたツール・ド・フランス第一ステージのスタート地点となっている[4]

ガーデンシティ[編集]

第一次世界大戦後、モンジュロンは1923年にエルミタージュ地区、セドル地区、デュメ地区といった住宅地をつくり都市化を進めた。1933年にはシャトー区内にガーデンシティをつくった[5]

20世紀に住宅団地が人気を呼び、低所得者層向け集合住宅が建てられ、急速に都市化が進み、1世紀の間に人口は10倍となって、コミューンは高級住宅地バンリューの組み合わされたまちに転換された。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
15 486 21 768 23 786 22 039 21 677 21 884 23 105

参照元:1968年以降Insee[6] · [7] · [8].

姉妹都市[編集]

脚注[編集]