モンゴリアン・デス・ワーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モンゴリアン・デス・ワーム
2009年にウクライナハリコフで描かれたモンゴリアン・デス・ワーム

モンゴリアン・デス・ワーム(Mongolian Death Worm)はゴビ砂漠周辺に生息するといわれている、巨大なミミズイモムシのような未確認動物(UMA)。

に似ている事から、現地ではオルゴイホルホイ(olgoi-khorkhoi、モンゴル語: олгой-хорхой、腸虫の意)と呼ばれている[1]。別言語ではオルゴイコルコイと呼ばれることもある。モンゴリアン・デス・ワームの捕獲例は無く、撮影された映像も存在していない[1]

初期の報告例[編集]

この未確認生物は、ロイ・チャップマン・アンドリュースの1926年の本『 On the Trail of Ancient Man』[2]に掲載されたことで初めて西洋で注目を集めた。アンドリューはこの生物をモンゴルの役人の集まりで聞いたが、その存在に納得していなかった。「出席者の誰もその生き物を見ていなかったが、彼らは皆、その存在をしっかりと信じて、詳細に説明していた」[3]

アンドリュースは『On the Trail of Ancient Man』で、1922年にワームについて説明したモンゴルのen:Jalkhanz Khutagt Sodnomyn Damdinbazar首相の言葉を引用している

約2フィート(約60cm)の長さのソーセージのような形をしており、頭も足もない。非常に有毒なため、触れるだけで即死を意味する。 ゴビ砂漠の最も荒涼とした地域に住んでいる。

1932年、アンドリュースはこの情報を「'The New Conquest of Central Asia」という本に再び掲載し、「ゴビ西部の最も乾燥した砂地に住んでいると報告されている」と付け加えた。しかし、アンドリュースはその生き物の存在を信じていなかった。

1983年に蛇の一種であるタルタルサンドボア(Eryx tataricus)の標本が「オルゴイホルホーイ」を見たと主張する地元の人々に見せられ、これが「オルゴイホルホイ」と呼ばれる動物であることを確認したケースもある。 [4][5]

形態と生態[編集]

体長は約50cmで、成虫は1.5mにも達する[6]。体重は約9kg[1]、体色は暗い赤色をしていると言われているが[6]、発光するデス・ワームの目撃談も存在する[7]。通常は地中に掘った穴の中に潜んでいるが、ゴビ砂漠に雨季が訪れる6月から7月にかけて地上に現れ、出現時に周辺のクモヘビは姿を消すといわれている[6]。デス・ワームはGoyoという毒性の植物の周囲を好み、Goyoの毒の成分を体内に取り込んでいる[6]

獲物を見つけたデス・ワームは両端を跳ね上げるような仕草を見せて相手を威嚇したあと、飛びかかって毒液を吹きかける[8]。致死性の毒液は蒸気状で黄色く、触れると酸に触れたような痛みを感じるが、7月を過ぎると毒性は大きく低下する[9]。また、離れた相手に電撃のような刺激を与えると言われているが、動物学者イワン・マッカールはこの特性を噂話が誇張されたものだと疑問視している[10]

正体[編集]

1800年代初頭にロシアの調査隊がデス・ワームの存在を認識し、数百人がデス・ワームの毒によって死亡したと伝えられている[11]ソビエト連邦崩壊後、外国人によるデス・ワームの調査が活発になる[7]。1990年から1992年にかけてチェコ未確認動物学者イワン・マッカールがゴビ砂漠南端でデス・ワームの調査を実施し、多くの目撃談を収集した[7]。2005年に動物学ジャーナリストリチャード・フリーマンを中心とするイギリスの研究チームがデス・ワームの捜索を実施した。捜索前、フリーマンは致死性のある毒は伝説的なものとした上で、デス・ワームは実在の生物である可能性が高いとしていた[12]。しかし、フリーマンはデス・ワームを発見できず、デス・ワームを架空の生物と結論付けたが、調査の過程では地中を掘り進む爬虫類と思われる無毒の生物も目撃された[13]

デス・ワームの正体としては、以下のようなものが挙げられている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 並木『世界怪奇事件ファイル』、66頁
  2. ^ 日本では『恐竜探検記』の名で出版されている
  3. ^ The Mongolian Death Worm”. 2010年1月29日閲覧。Template:Self-published source
  4. ^ Ах, Гоби! Путешествие по Монголии в поисках легенды
  5. ^ Кузьмин С.Л., Дунаев Е.А., Мунхбаяр Х., Мунхбаатар М., Оюунчимэг Ж., Тэрбиш Х. Земноводные Монголии. Москва, КМК, 2017, с. 17-18
  6. ^ a b c d 並木『世界怪奇事件ファイル』、71頁
  7. ^ a b c d 並木『未確認動物UMA大全』、311-314頁
  8. ^ a b c d 並木『世界怪奇事件ファイル』、73頁
  9. ^ 並木『世界怪奇事件ファイル』、69,73頁
  10. ^ 並木『世界怪奇事件ファイル』、73-74頁
  11. ^ 並木『世界怪奇事件ファイル』、68頁
  12. ^ 並木『世界怪奇事件ファイル』、74,76頁
  13. ^ Lauren Davis (2009年7月28日). “The Hunt for the Mongolian Death Worm Begins Anew”. 2010年1月29日閲覧。
  14. ^ 羽仁礼『超常現象大事典』(成甲書房, 2001年4月)、176頁
  15. ^ Karl Shuker (2003). The Beasts That Hide from Man. NY: Paraview. ISBN 1-931044-64-3 
  16. ^ ASIOS(2018)、p.36
  17. ^ ASIOS(2018)、p.37

参考文献[編集]

  • 並木伸一郎『世界怪奇事件ファイル』(学習研究社, 2005年10月)
  • 並木伸一郎『未確認動物UMA大全』(学習研究社, 2007年5月)
  • ASIOS『UMA事件クロニクル』彩図社、2018年6月。

関連項目[編集]