モンキーモデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

モンキーモデル(Monkey model)とは、兵器を他国へ輸出する際に、意図的に性能を低下させたものを指す言葉。またはオリジナルより劣化したコピー兵器の事を指す。

沿革[編集]

冷戦時代の1980年代初頭、アメリカ合衆国亡命したGRU将校、ヴィクトル・スヴォーロフ西側諸国にモンキーモデルを紹介したことにより、その存在が明らかになり軍事用語の一つとなった。供与国に応じてスペックダウンやデチューンさせる手法は西側でも採られていたが、ソビエト連邦では意図的にかつ大規模に行っていた。

スペックダウンとしてのモンキーモデルの例としては、ソ連が東ヨーロッパや中東諸国等に大量に輸出・供与したT-72が有名である。本国仕様では複合装甲を使用している部位を通常の均質圧延装甲にしたり、APFSDS劣化ウランタングステンではなく鋼鉄製のものにするなどの措置が取られていた。このため、一部の部品取りが不可能になるなど互換性に不都合も生じた。

シリアイラクに輸出されたモンキーモデルのT-72は、1982年イスラエルのレバノン侵攻1991年湾岸戦争においては、イスラエルメルカバMk.1やアメリカのM1エイブラムスイギリスチャレンジャー1などにほぼ一方的に撃破されている。

なお、これらの戦争が原因でソ連(ロシア)製戦車の需要が大きく落ち込み、T-72の後継であるT-90の輸出の際はモンキーモデルではなくロシア連邦軍と同等の仕様で輸出しているとされる。

MiG-23の前期型についても、中東・アフリカなどの第三世界諸国向けの輸出型であるMiG-23M(E)MiG-23MS(NATOコードネーム:フロッガーE)は、ソ連軍仕様のMiG-23Mワルシャワ条約機構軍仕様のMiG-23MF(NATOコードネーム:フロッガーB)と比較して、索敵能力や攻撃能力が大きく低下させられている。レーダーはMiG-21後期型と同型のRP-21サプフィールもしくはRP-22SM(NATOコードネーム:ジェイバード)であるためセミアクティブ・レーダー誘導方式のR-23Rロシア語版の運用能力を事実上省略されていた(赤外線追尾方式のR-23Tは運用可能)ほか、機首下部のIRSTも搭載されていなかった。

背景[編集]

輸出相手国によっては、本国仕様で調達できる保守部品が相手国にとって高額であったり、相手国が保守整備に技能の高い要員を充当できない、気候が過酷で繊細な構成品を用いることが適当でないなどそれぞれの事情に適合させる必要がある事が考えられる。

また、兵器の運用上、本国仕様で要求される仕様が相手国においては求められない場合があり、この場合も結果としてカタログ上では性能低下に至る場合がある。これらについては、フランスからイスラエルへの輸出の際に繊細な一部の電子装備を省略した代わりに燃料爆弾等の搭載量を増加させたミラージュ5や、ロシアからインドに輸出される際にTShU-1-7「シュトーラ」を装備から外した代わりに、起伏の激しい土地での運用を考慮しロシア本国仕様よりも高出力のエンジンを搭載したT-90などがあり、いずれもモンキーモデルとはされていない。

他にも、輸出時に意図的に性能を低下させるのは主に以下の理由があげられる。

  • 兵器開発において自国の優位性を保持したい場合。
  • 輸出相手国が他の国と交戦時に鹵獲されたり自国から離反した場合に先端技術の流出を防止する為。

なおアメリカの場合、無償で供与する兵器はF-5戦闘機のような供与専用の兵器を開発するか、F-16/79のように旧式のエンジンに換装したり機種を開発したり、新型兵器に更新する際に退役させた旧式兵器を供与するのが一般的である。

供与国の対応[編集]

モンキーモデルは自国で兵器開発能力のない国、または自国の影響を与えたい国に対して輸出される物だが、オリジナルの兵器より性能が落ちるため、輸入した国は自国で独自改修を施す場合もある。しかし改修を加えたとしても兵器開発能力のない国で行なわれた改変では元になっている兵器の性能より劣っている場合が多い。[要出典]