モレオン (ドゥー=セーヴル県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mauléon

Blason ville fr Mauléon (Deux-Sèvres).svg
MAULEON. France. Département des deux Sèvres. Entrée des fortifications.jpeg

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏Flag of Nouvelle-Aquitaine (variant).svg
(département) ドゥー=セーヴル県Blason département fr Deux-Sèvres.svg
(arrondissement) ブレシュイール郡
小郡 (canton) モレオン小郡
INSEEコード 79079
郵便番号 79700
市長任期 ピエール=イヴ・マロロー
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération du Bocage bressuirais
人口動態
人口 8414人
2013年
人口密度 70人/km2
地理
座標 北緯46度55分25秒 西経0度44分54秒 / 北緯46.9236度 西経0.748333333333度 / 46.9236; -0.748333333333座標: 北緯46度55分25秒 西経0度44分54秒 / 北緯46.9236度 西経0.748333333333度 / 46.9236; -0.748333333333
標高 平均:m
最低:104m
最高:226 m
面積 km2
Mauléonの位置(フランス内)
Mauléon
Mauléon
テンプレートを表示

モレオンMauléon)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏ドゥー=セーヴル県コミューン

地理[編集]

モレオンは国道249号線途上に位置し、ショレブレシュイールから20分の距離である。ドゥー=セーヴル県最北西部のコミューンであり、メーヌ=エ=ロワール県およびヴァンデ県と境界を接している。

歴史[編集]

モレオンは、ウアン川谷に囲まれた岩の露頭の上にある。そこはガイヤール山と向かい合っており、モレオンのサン・ジュアン地区にあたる。

1080年、トリニテ修道院の古い勅許状にモレオンの名が現れる。

モレオンは同名のモレオン家の本拠地だった。モレオン家で最も知られるのはサヴァリー1世(fr)である。彼はポワトゥーのセネシャルであり、トルバドゥール、詩人、コルセア、そして町の貸借人であった。特筆すべきは、1205年に彼がジョン欠地王のためニオールを攻略したことである。

13世紀、モレオンはトゥアール子爵領に属しており、その後15世紀にはアンボワーズ家、そしてその相続人であるラ・トレモイユ家が所有した。

戦略的な位置にあったモレオンは、ユグノー戦争で激しく争われた。1587年、アンリ・ド・ナヴァールはモレオンを攻略した。その後町は2度、カトリック派、そしてユグノー派に占領された。1642年、城はリシュリューの命令で解体された。

1716年、ラ・トレモイユ子爵はモレオン男爵領をフロスリエール公爵ジル・ド・グランジュに売却した。20年後、男爵領は再びアレクシス・ド・シャティヨン(ルイ15世の王太子の軍司令官)に売却された。彼は宮廷での自らの影響力を利用し、モレオンに自分の名を与え、公爵としての称号にちなみシャティヨン=シュル=セーヴル(Châtillon-sur-Sèvre)とした。セーヴルとは、町から8kmしか離れていないセーヴル・ナンテーズ川にちなんでいる。

1793年、シャティヨン=シュル=セーヴルは武装ヴァンデ(fr)の首都となり、ヴァンデ戦争の間1796年までその状態だった。

1965年2月15日、サン・ジュアン・スー・シャティヨン(Saint-Jouin-sous-Châtillon)およびシャティヨン=シュル=セーヴルが合併し、モレオンという古い地名のもとで単一のコミューンとなった。1973年1月1日より、サンタマン・シュル・セーヴル、ラ・シャペル・ラルジョー、ルブランド、ムラン、ロルテ、サントーバン・ド・ボービニェ、ル・タンプルがモレオンと合併した。サンタマン・シュル・セーヴルは1992年1月1日よりモレオンから分離し、再びコミューンとなっている[1]

人口統計[編集]

1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2007年 2009年
2660 8196 8445 8779 7326 7885 8093

参照元:1968年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。2006年以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1990年までEHESS/Cassini[2]、以降INSEE[3][4]

史跡[編集]

  • サント・トリニテ修道院 - 11世紀終わりに設立され聖アウグスティヌス戒律(fr)を採用する修道院は、瞬く間にこの地方の主要な宗教中心地となった。1540年まで修道士たちが定住していた。16世紀の宗教戦争で衰退は決定的となり、16世紀後半には数回略奪された。フランス革命後には廃墟となり、18世紀のヴァンデ戦争を逃れることはできなかった。
  • サント・トリニテ教会 - 12世紀設立。16世紀の宗教戦争で廃墟となり、ヴァンデ戦争では火を放たれた。1793年にモーリス・ジゴ・デルベはサント・トリニテ教会内で反乱軍の総司令官に選出されている。19世紀に再建された。

姉妹都市[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]