モレの丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イズレル平野上に立つモレの丘
モレの丘の位置(イスラエル内)
モレの丘
イスラエル内の位置
モレの丘上のイスラム教のダヒ預言者

モレの丘(モレのおか、ヘブライ語: גבעת המורה‎=Giv'at ha-Moreh、英語: the Hill of Moreh)はイスラエル北部地区エズレル平野の北東にある山地)である。

地理[編集]

モレの丘はイスラエル北部地区のエズレル平野の北東にある山地(丘)である。海抜は515メートルで、海抜50~100メートルのエズレル平野に対して目立って立っている。8キロメートル北東にはタボル山が、北にはナザレの町が、南にはギルボア山がある。ユダヤ人のアフラの町のすぐ東にある。

ユダヤ人聖書[編集]

モレは『ヘブライ語聖書』(『旧約聖書』)に3回言及があり、創世記12章6節、申命記11章30節、士師記7章1節である。創世記では、

アブラムはその地を旅して、シェケム近くのモレの大きな木の処まで来た。

とある。士師記はギデオンミデヤン人との戦いに関係している。 [1] [2]

イスラム廟[編集]

モレの近くにはアラブ人の村が、もともといくつかある。モレの丘はイスラム教アラブ語ではジェベル・ダヒ(Jebel Dahi)と呼ばれていて、この丘の頂上にはダヒ預言者(Dihyah Kalbi)の小さい方の廟がある。

参照項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度36分57秒 東経35度21分49秒 / 北緯32.61583度 東経35.36361度 / 32.61583; 35.36361