モルモン教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モルモンから転送)
移動先: 案内検索
教典のひとつであるモルモン書

モルモン教: Mormonism[注]は、正式名称 Church of Jesus Christ of Latter-day Saints; LDS.末日聖徒イエス・キリスト教会)の俗称である[1]

概要[編集]

モルモン教として知られている末日聖徒イエス・キリスト教会は1830年アメリカ合衆国にてジョセフ・スミス・ジュニアによって創始された。その呼称は聖書以外の独自教典のひとつであるモルモン書に由来する。宗教学上はキリスト教系の新宗教に分類されている[2][3][4]

創始者であるジョセフ・スミスを通して、原始キリスト教会が現代に回復されたとされる。教義においては三位一体説の否認、キリストおよび死者の復活、キリストの再臨福千年を説いている[5]。また人の運命(救い)を決めるのは本人の自由に任されていると主張している点はメソジスト、バプティスト派に類似すると指摘されている[5]キリスト教福音派尾形守による著書『異端見分けハンドブック[6]では、三大異端[7]としてエホバの証人世界平和統一家庭連合(旧略称:統一教会)とともにモルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会)を挙げており、伝統的な立場にあるカトリックプロテスタント正教会では公式サイトにて一致して異端と表明している。現代のキリスト教の多くの宗派が重視する三位一体とは異なり、神、イエス・キリスト、聖霊は別個独立の人格神であることは認めているが、「神は以前は人間であった」「神には妻(天母)がいる」「救われた人間は死後、天で現在の神のようになる」などという神概念を持つ多神教である[6]

日本語でモルモン教という場合、現在の末日聖徒イエス・キリスト教会を指し[8]、分派した他の教会(コミュニティ・オブ・クライストなど)は含まれない。

しかし英語のMormonismはこれらの分派を含めた言葉である(詳細はen:Mormonismを参照)。

脚注[編集]

  1. ^ 広辞苑p.2205
  2. ^ J.G.メルトン (1992). Encyclopedic Handbook of Cults in America. Garland. 
  3. ^ 井門富二夫『カルトの諸相 キリスト教の場合』岩波書店1997年
  4. ^ 島薗進『何のための「宗教」か?―現代宗教の抑圧と自由』青弓社1994年
  5. ^ a b コトバンク”. 2016年11月4日閲覧。
  6. ^ a b 尾形守異端見分けハンドブック』プレイズ出版
  7. ^ 3大異端に言及。伊藤正孝、市雄貴『血を拒む「エホバの証人」--異端の輝きと悲惨』朝日ジャーナル:第27巻第27号(1985),p22.朝日新聞社
  8. ^ 世界大百科事典

関連項目[編集]