モルス (ローマ神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
守銭奴の死(ヒエロニムス・ボス画)

モルスラテン語: Mors)は、ローマ神話においてを司る神。レトゥスラテン語: Letus)あるいはレトゥムラテン語: Letum)とも呼ばれる。

紀元前2世紀から畏敬され、一般的にオルクスディス・パテル英語版プルートーと混同されることが多かったが、ローマ神話がギリシア神話と結びつくようになるとタナトスと同一視されるようになった[1]

死を司る神であることから、崇拝されるよりも恐れられ、ローマ帝国キリスト教を国教とするようになると次第に忘れ去られていった。病の苦しみと人生の遍歴に穏やかな終焉をもたらすモルスは、ルネサンス期に至ってはほとんど記憶されておらず、既に「マイナーな神」となっていた。それでも、「良い死(自然死)」をもたらす善神であった。

出典[編集]

  1. ^ THANATOS - Greek God of Death (Roman Mors)”. 2021年7月22日閲覧。(英語)