モルスアイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Molsheim
Blason Molsheim France Bas-Rhin.svg
Molsheim - Hôtel de ville -1.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) グラン・テスト地域圏
(département) バ=ラン県Blason département fr Bas-Rhin.svg
(arrondissement) モルスアイム郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 67300
郵便番号 67120
市長任期 ローラン・フュルスト
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de la région de Molsheim-Mutzig
人口動態
人口 9,344人
2008年
人口密度 861人/km2
住民の呼称 Molsheimois
地理
座標 北緯48度32分37秒 東経7度29分35秒 / 北緯48.54361111度 東経7.49305556度 / 48.54361111; 7.49305556座標: 北緯48度32分37秒 東経7度29分35秒 / 北緯48.54361111度 東経7.49305556度 / 48.54361111; 7.49305556
標高 平均:m
最低:165 m
最高:371 m
面積 10.85km2 (1 085ha)
Molsheimの位置(フランス内)
Molsheim
Molsheim
公式サイト mairie-molsheim.fr
テンプレートを表示

モルスアイムMolsheim)は、フランスグラン・テスト地域圏バ=ラン県コミューン

地理[編集]

アルザス・ワイン街道(fr)途上にあるモルスアイムは、ストラスブールの西約30kmに位置する。アルザス高原のラ・ビュルシュ谷の入り口にあたる。

語源[編集]

10世紀の古名Mollesheimは、ケルト語で丘陵を意味するmol、建物を意味するliosに由来する。ラテン語で製粉所を意味するmolaも語源にかかわる。

歴史[編集]

かつてパン屋組合があった建物
イエズス会教会

1935年にモルスアイム北部から、メロヴィング朝時代の墓が発掘された。Mollesheimの名が最古に記されたのは820年、ストラスブール司教アデロクへのワインの寄進証書においてである。

1219年、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世が、コミューンに特権や課税特権を与えた。1263年には既にコミューンは周囲を城壁に囲まれていた。

モルスアイムはストラスブール司教の領地であったため、ドイツの皇帝たちと代々の司教たちとの間で領有が争われた。1573年には司教によって貨幣鋳造が行われた。

対抗改革の中心地であったモルスアイムには、1580年にイエズス会の神学校が建てられた。1618年、当時の司教レオポルト・フォン・エスターライヒは、神学校をアカデミーとした。1701年、ルイ14世はアカデミーをストラスブールに移し、神学校のみ残した。

1592年、空席となったストラスブール司教の座をめぐり、モルスアイムのカトリック聖職者とストラスブールのプロテスタント聖職者の対立が起こった。ルーテル教会が推すヨハン・ゲオルク・フォン・ブランデンブルクと、カトリックが支持するロレーヌ枢機卿(fr)が争い、司教戦争(fr)と呼ばれる武力衝突に発展した。

1909年、イタリア出身の自動車技術者、エットーレ・ブガッティが近郊のドリスハイム(Dorlisheim)(アルザスはこの当時ドイツ領)に自動車会社ブガッティを設立し、1940年代初頭まで主に高性能スポーツカーやレースカーを製造していた。

経済[編集]

1998年にフォルクスワーゲンが往年のブガッティの商標権および製造販売権を獲得し100%子会社として、ブガッティ・オトモビルを創業。2005年に超高性能車ブガッティ・ヴェイロンを製造するため、ブランドの発祥地であるこの地に本社ならびに製造工場を設立している。

交通[編集]

  • 鉄道 - TERアルザス、モルスアイム駅

姉妹都市[編集]