モルガン・ライブラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
J. Pierpont Morgan Library
Pierpont Morgan Library NY 2006 crop.jpg
(2006年)
モルガン・ライブラリーの位置(マンハッタン内)
モルガン・ライブラリー
所在地 ニューヨーク市マンハッタン区
東36丁目
225 マディソン・アベニュー
北緯40度44分56秒 西経73度58分55秒 / 北緯40.749度 西経73.982度 / 40.749; -73.982
建設 1900–06[1]
建築家 en:Charles Follen McKim[2]
建築様式 パラディオ様式
NRHP登録番号 66000544[1]
指定・解除日
NRHP指定日 1966年11月13日[1]
NHL指定日 1966年11月13日[3]
NYCL指定日: 1966年5月17日
モルガン・ライブラリー

モルガン・ライブラリー (Pierpont Morgan Library) は、ニューヨーク市マンハッタンマーリー・ヒルにある美術館および学術機関。モルガン図書館とも呼ばれる。

住所は、マジソン・アベニュー225号(東36丁目との交差点)である。

もともとは実業家であるジョン・モルガンの書物と絵画の個人コレクションを集めた図書館として1906年設立されたものを、1924年に息子のJ.P.モルガン Jr.が公共法人化し、美術館として一般に公開されているものである。

この図書館はチャールズ・マッキムによって120万ドルで設計された。

この建造物は1966年にニューヨーク市指定歴史建造物に指定され[4]、同年アメリカ合衆国国定歴史建造物に認定された。[5][6][7]

展示品としては書物や有名人による自筆書類が多く、ウォルター・スコットバルザックディケンズシャーロット・ブロンテなどの草稿、ベートーヴェンモーツァルトの楽譜などがある。

また中世の多くの写本装飾写本に加えて、グーテンベルク聖書3冊を所蔵している。

コレクション[編集]

今日モルガン・ライブラリーは美術館と研究機関の両方の役割を担っている。当初。コレクションの範囲はジョン・モルガンの司書であったグリーンによって集められたものだけであった。グリーンは後にモルガン・ライブラリーの最初の司書となり1948年に引退するまでモルガン・ライブラリーの司書を務めた。彼女の後任者であるフリードリヒ・アダムス Jr.は1969年までこの図書館を運営しており、また彼のコレクションは世界的に有名なものであった。

建築様式[編集]

モルガン・ライブラリーは最初、チャールズ・マッキムによって新古典主義建築に基づき、1903年に建設された。モルガンはこの時、娘のために1ブロック離れたところに建てられた家も委任した。この家は1880年に219マディソン・アベニューに建てられたモルガンの高級住宅の東の部分にあたり、東33丁目から36丁目にあった。マッキムはヴィラ・ジュリア国立博物館ニンファエウムにインスピレーションを受けた。

2006年の修復[編集]

左側のエントランスは2006年にレンゾ・ピアノによって設計され、右の分館は1928年にベンジャミン・モーリスによって設計された。

最近の修復はイタリア人建築家のレンゾ・ピアノとバイヤー・ベルによって行われ、2006年に修復が完了した。[4]この図書館は外見的にはとても穏やかなものであるが、この建物は、複合体の内部の空間を作り出すことを助けている。

この図書館は工事中は閉館しており、その間多くの展示物がアメリカ各地で展示された。この工事が完了し、モルガン・ライブラリーが再開したのは2006年の4月29日の事であった。この改修で建物は上下に増築され、地下の空間も確保された結果、モルガン・ライブラリーの展示スペースは倍となった。ピアノは半透明の屋根の下に読書のスペースを用意し、学者が自然光で原稿を研究できるようにした。またマンハッタンの地下の岩盤をくり抜く事で貯蓄設備を確保した。

運営[編集]

1987年と2008年の間、チャールズ・ピース Jr.はモルガン・ライブラリーの理事を務めていた。[8]チャールズ・ピース Jr.の人気と2008年から2015年の間、理事のウィリアム・グリスウォードは収集品を増やし、展示会を積極的に開き、2013年には写真部を組織に親切した。これらの努力が若年層の関心を惹くことにつながり、彼は多くの現代芸術の展示会に呼ばれるようになり、モルガン・ライブラリーの中庭に彼の彫像が一時置かれた。[9]2015年にコラン・ベイリーを新しい理事に任命した。[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b c National Park Service (2010-07-09). "National Register Information System". National Register of Historic Places. National Park Service. 
  2. ^ White, Norval; Willensky, Elliot & Leadon, Fran (2010). AIA Guide to New York City (5th ed.). New York: Oxford University Press. ISBN 9780195383867. , p.281
  3. ^ J. Pierpont Morgan Library”. National Historic Landmark summary listing. National Park Service (2007年9月18日). 2014年10月28日閲覧。
  4. ^ a b New York City Landmarks Preservation Commission; Dolkart, Andrew S. (text); Postal, Matthew A. (text) (2009), Postal, Matthew A., ed., Guide to New York City Landmarks (4th ed.), New York: John Wiley & Sons, ISBN 978-0-470-28963-1, p.98
  5. ^ "J. Pierpont Morgan Library"National Historic Landmark summary listing. National Park Service. September 18, 2007.
  6. ^ Greenwood, Richard (July 18, 1975). ""The Pierpont Morgan Library", National Register of Historic Places Inventory-Nomination" (PDF). National Park Service.
  7. ^ "National Register of Historic Places Inventory-Nomination" (PDF). National Park Service. July 18, 1975.
  8. ^ Carol Vogel (May 20, 2015), [1] New York Times.
  9. ^ Cleveland Hires Leader of Morgan New York Times.
  10. ^ Colin Bailey named head of the Morgan Library and Museum The Art Newspaper.

外部リンク[編集]