モルガン・ライブラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
J. Pierpont Morgan Library
定義されていません
Pierpont Morgan Library NY 2006 crop.jpg
(2006年)
モルガン・ライブラリーの位置(マンハッタン内)
モルガン・ライブラリー
所在地 ニューヨーク市マンハッタン区
東36丁目
225 マディソン・アベニュー
北緯40度44分56秒 西経73度58分55秒 / 北緯40.749度 西経73.982度 / 40.749; -73.982
建設 1900–06[1]
建築家 en:Charles Follen McKim[2]
建築様式 パラディオ様式
NRHP登録番号 66000544[1]
指定・解除日
NRHP指定日 1966年11月13日[1]
NHL指定日 1966年11月13日[3]
NYCL指定日: 1966年5月17日
モルガン・ライブラリー

モルガン・ライブラリー (Pierpont Morgan Library) は、ニューヨーク市マンハッタンマーリー・ヒルにある美術館および学術機関。モルガン図書館とも呼ばれる。

住所は、マジソン・アベニュー225号(東36丁目との交差点)である。

もともとは実業家であるジョン・モルガンの書物と絵画の個人コレクションを集めた図書館として1906年設立されたものを、1924年に息子のJ.P.モルガン Jr.が公共法人化し、美術館として一般に公開されているものである。

この図書館はチャールズ・マッキムによって120万ドルで設計された。

この建造物は1966年にニューヨーク市指定歴史建造物に指定され、同年アメリカ合衆国国定歴史建造物に認定された。

展示品としては書物や有名人による自筆書類が多く、ウォルター・スコットバルザックディケンズシャーロット・ブロンテなどの草稿、ベートーヴェンモーツァルトの楽譜などがある。

また中世の多くの写本装飾写本に加えて、グーテンベルク聖書3冊を所蔵している。

コレクション[編集]

今日モルガン・ライブラリーは美術館と研究機関の両方の役割を担っている。当初。コレクションの範囲はジョン・モルガンの司書であったグリーンによって集められたものだけであった。グリーンは後にモルガン・ライブラリーの最初の司書となり1948年に引退するまでモルガン・ライブラリーの司書を務めた。彼女の後任者であるフリードリヒ・アダムス Jr.は1969年までこの図書館を運営しており、また彼のコレクションは世界的に有名なものであった。

建築様式[編集]

モルガン・ライブラリーは最初、チャールズ・マッキムによって新古典主義建築に基づき、1903年に建設された。モルガンはこの時、娘のために1ブロック離れたところに建てられた家も委任した。この家は1880年に219マディソン・アベニューに建てられたモルガンの高級住宅の東の部分にあたり、東33丁目から36丁目にあった。マッキムはヴィラ・ジュリア国立博物館ニンファエウムにインスピレーションを受けた。

運営[編集]

1987年と2008年の間、チャールズ・ピース Jr.はモルガン・ライブラリーの理事を務めていた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c National Park Service (2010-07-09). "National Register Information System". National Register of Historic Places. National Park Service. 
  2. ^ White, Norval; Willensky, Elliot & Leadon, Fran (2010). AIA Guide to New York City (5th ed.). New York: Oxford University Press. ISBN 9780195383867. , p.281
  3. ^ J. Pierpont Morgan Library”. National Historic Landmark summary listing. National Park Service (2007年9月18日). 2014年10月28日閲覧。

外部リンク[編集]