モルエラニの霧の中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モルエラニの霧の中
監督 坪川拓史
脚本 坪川拓史
製作 松永英樹
浅野博貴
坪川拓史
出演者 大杉漣
大塚寧々
水橋研二
小松政夫
香川京子
音楽 坪川拓史
窪田健策
PecoDeRubo OrkestrO
(ペコデルボ=オルケストロ)
撮影 新宮英生
与那覇政之
編集 坪川拓史
木下隼
製作会社 NPO 室蘭映画製作応援団
配給 日本の旗 ティー・アーティスト
公開 日本の旗 2021年2月6日[1][2]
上映時間 214分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

モルエラニの霧の中』(モルエラニのきりのなか)は、2020年制作の日本ドラマ映画

北海道室蘭市の美しい風景とともに失われていく街の記憶をめぐる物語を、7話連作形式で描いた作品。タイトルの「モルエラニ」は、北海道の先住民族アイヌ言葉で「小さな坂道を下りた所」という意味で、室蘭の語源の一つとされている。監督の坪川拓史が室蘭市に移り住み、街で出会った人々から聞いた実話をベースに、5年の歳月をかけて制作した[3]

あらすじ[編集]

第1話・冬の章「青いロウソクと人魚」[編集]

第2話・春の章「名残りの花」[編集]

第3話・夏の章「しずかな空」[編集]

第4話・晩夏の章「Via Dolorosa」[編集]

第5話・秋の章「名前のない小さな木」[編集]

第6話・晩夏の章「煙の追憶」[編集]

第7話・冬の章「冬の虫と夏の草」[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]