モハメド・ラシュワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
エジプトの旗 エジプト
男子 柔道
オリンピック
1984 ロサンゼルス 無差別級
世界柔道選手権
1985 ソウル 無差別級
1987 エッセン 100kg超級

モハメド・アリ・ラシュワン(Mohamed Ali Rashwan、アラビア語: محمد علي رشوان1956年1月16日- )は、エジプト柔道家。

1984年に行われたロサンゼルスオリンピックの男子無差別級決勝で山下泰裕と対戦し銀メダルを獲得した。

得意技は払腰

決勝では山下が負傷していた右足を攻めなかったことが話題となり、1984年の国際フェアプレー賞を受賞した[1]。後日、山下はラシュワンが「ケガした右足を気遣って、全く右の技をかけなかったというのは事実ではない」と語っている[2]

ラシュワンが最初の攻撃で右足を狙ったが、山下が普段と逆の左足を軸にして返しに行き、そのまま抑え込みに入って一本勝ちとなった。しかし、山下はこれについて「ラシュワンは決して、卑怯な手段を使っていないし、そもそも、ケガしたところを狙うのは立派な戦略である。」と語っている。また、山下が表彰台に上がろうとした時にラシュワンは手を貸している。

その後、1985年の世界柔道選手権大会無差別級で銀メダル[3]、1987年の世界柔道選手権100kg超級でも銀メダルを獲得した[3]

国際柔道審判員として北京オリンピックにも参加した。

脚注[編集]

  1. ^ International Fair Play Committee
  2. ^ 日刊スポーツ (2000年1月26日). “五輪を語る 山下泰裕氏<1> 自分のために戦う”. 2007年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月17日閲覧。
  3. ^ a b World Judo Championship on HickoSport website

外部リンク[編集]