モハメド・フォファナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モハメド・フォファナ Football pictogram.svg
Journée des abonnés (51).jpg
名前
愛称 Momo
ラテン文字 Mohmed Fofana
基本情報
国籍 マリ共和国の旗 マリ
フランスの旗 フランス
生年月日 (1985-03-07) 1985年3月7日(31歳)
出身地 フランスの旗 ゴネス
身長 181cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 RCランス
ポジション DF (CB)
背番号 14
利き足 右足
代表歴2
2011- マリ共和国の旗 マリ 5 (0)
2. 2013年3月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

モハメド・フォファナMohamed Fofana,1985年3月7日)は、フランスヴァル=ドワーズ県ゴネス出身のサッカー選手RCランス所属。ポジションはDF

経歴[編集]

クラブ[編集]

2004-05シーズントゥールーズFCの下部組織からトップチームへ昇格。2005年4月2日、第31節FCメス戦で84分に右SBとして出場し、リーグ・アン及びプロデビューを果たした。5月21日、ホームにSMカーンを迎えた第37節で本職のCBとしてフル出場をした。

2008-09シーズンは、マウロ・セットとコンビを組み全試合出場し4位躍進に貢献。しかし、翌シーズンは度重なる負傷や病気が原因でダニエル・コングレにレギュラーポジションを明け渡してしまった[1]2010-11シーズンオフにセットが移籍したことにより、新主将に就任したコングレと共にコンビを組みレギュラーの座を取り戻したかに思われたが、アラン・カサノヴァ英語版監督はコングレと新加入のアイメン・アブデヌールのコンビをファーストチョイスに選び[2]、公式戦6試合と出場機会が激減した。

2012年6月4日、スタッド・ランスに3年契約で移籍[3]

代表[編集]

トゥールーズで以前指導を受けたアラン・ジレス監督の下、2011年3月26日のアフリカネイションズカップ2012予選ジンバブエ戦に向けてマリ代表に初招集され[4]、6月5日のジンバブエとの第2戦でデビューを果たした[5]。翌年のアフリカネイションズカップ2012のメンバーに選出されたものの、大会前に行われたトーゴ戦で太腿を痛めたことで欠場を余儀なくされた[6]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Fofana rejoint le Stade pour 3 ans"
  2. ^ "Mohamed Fofana, remplaçant sage et patient"
  3. ^ "Fofana signe à Reims"
  4. ^ "Mohamed Fofana : "Giresse me voulait"
  5. ^ "Mohamed Fofana : « Pour moi le plus important est d’aider l’équipe à se qualifier pour la Can que je sois titulaire ou pas. »"
  6. ^ "Kalilou Traore and Mohamed Fofana out of Nations Cup"

外部リンク[編集]