モノベンゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モノベンゾン
Monobenzone.svg
Monobenzone-3D-balls.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
法的規制
  • CA: Unscheduled
  • US: Rx-only, Unscheduled
投与方法 皮膚外用
識別
CAS番号
(MeSH)
103-16-2
ATCコード D11AX13 (WHO)
PubChem CID: 7638
DrugBank DB00600
別名 Hydroquinone benzyl ether, Hydroquinone monobenzyl ether, Benzyl p-hydroxyphenyl ether, Benzyl hydroquinone, Benzoquin, 4-(phenylmethoxy)phenol
化学的データ
化学式 C13H12O2
分子量 200.233180 g/mol

モノベンゾン(Monobenzone)とは、尋常性白斑患者等の皮膚の脱色治療に用いる医薬品として使われる化合物である[1]


概要[編集]

モノベンゾンはヒドロキノンモノベンジルエーテルである。 医薬品としてはモノベンゾンクリームとして販売されており、皮膚に塗布して使用すると色素がぬけて白くなる。


尋常性白斑患者の皮膚は、病気により脱色した部位と正常部位がまだらに混在するのが一般的であるが、白くならずに残った皮膚を脱色して皮膚の色を統一する治療に用いられる。

薬理作用はメラニン形成細胞からのメラニンの排出を減少させることであり、メラニン形成細胞を破壊し不可逆的な脱色を起こす。

美白剤として用いられているハイドロキノンとモノベンゾンは、交差感作性が報告されているため、併用は厳禁である。 なお、モノベンゾンの作用機序から、肝機能に障害がある患者への使用はできない。


マイケル・ジャクソンも尋常性白斑を患っていたため、正常皮膚部をこの薬で脱色したとされている。

参照:マイケル・ジャクソンの外観


脚注[編集]

  1. ^ "MONOBENZONE - TOPICAL" MedicineNet.com(英語ページ、2009年1月15日閲覧)