モノドナウィリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モノドナウィリア
Parvovirus in Blood.jpg
パルボウイルスB19の電子顕微鏡写真
分類ICTV
レルム : モノドナウィリア Monodnaviria
下位分類(界)
  • レオウイルス界 Loebvirae
  • サンゲルウイルス界 Sangervirae
  • ソトクウイルス界 Shotokuvirae
  • トラパウイルス界 Trapavirae

モノドナウィリアMonodnaviria)とは、2019年国際ウイルス分類委員会(ICTV)によって提案されたウイルスレルムである。ゲノムが1本鎖DNAであり、HUHエンドヌクレアーゼ(en:HUH-tag)スーパーファミリーに属すローリングサークル複製酵素を持つことを特徴とする[1]。また、一部の二本鎖DNAウイルスを含んでいるように[2]、これらの特徴を失ったウイルスであっても、進化的に強く関連付けられる場合はこのレルムに含まれる[1]

このレルムに含まれるウイルスは単系統ではなく、プラスミドの複製機構などから複数回独立して進化したことが示されている[1]

分類[編集]

2019年に国際ウイルス分類委員会(ICTV)によって提案された分類は以下のとおりである[1][2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d Koonin EV "et al." (2019). “Create a megataxonomic framework, filling all principal taxonomic ranks, for ssDNA viruses”. ICTV. doi:10.13140/RG.2.2.36696.85760. 
  2. ^ a b Virus Taxonomy: 2019 Release”. talk.ictvonline.org. International Committee on Taxonomy of Viruses. 2020年4月28日閲覧。