モネラ界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モネラ界
EMpylori.jpg
ピロリ菌の電子顕微鏡写真
分類五界説
: 原核生物界 Procaryoteae
下位分類(門)

※1990年頃に使用されていた分類の一例

モネラ界(モネラかい、Monera)は、五界説における生物の最上位分類の一つで、細胞核を持たない原核生物全てを含む生物界である。この中には、いわゆる細菌と、かつて植物として分類されていた藍藻類(シアノバクテリア)、あとになって細菌とは区別されるようになった古細菌などが属していた。モネラ界は1956年原生生物界から分離する形で提唱されると、1969年に提唱された五界説のもとで標準化され、原核生物全てを含む分類群として定着した。

しかしながら、現在この分類が使用されるのは教育分野程度である。1970年代後半以降、DNAおよびRNAの解析により、原核生物が系統的に極めて大きく異なる2群(細菌古細菌)より構成されることが示され、モネラ界は解体に向かった。現在、学術分野においてモネラ界の使用は殆ど見られない。

モネラ界の生物[編集]