モスコーフスキー駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モスコーフスキー駅
蜂起広場から見た駅舎外観
蜂起広場から見た駅舎外観
Московский вокзал
Moskovskiy vokzal
所在地 ロシアの旗サンクトペテルブルクネフスキー大通り85番
所属事業者 ロシア鉄道
駅構造 地上駅
ホーム 7面11線
開業年月日 1851年
乗換 蜂起広場駅サンクトペテルブルク地下鉄1号線
テンプレートを表示

モスコーフスキー駅(モスコーフスキーえき、ロシア語: Московский вокзал、マスコーフスキー・ヴァグザール)は、サンクトペテルブルクにおける5つのターミナル駅の1つ。1851年ネオルネッサンス様式で建設され、モスクワ・サンクトペテルブルク鉄道の起終点駅として機能し、この鉄道を通じてモスクワキエフソチ方面まで通じている。駅名はモスクワ方面の列車が発着することに由来する[1]

この駅の場所は、旧海軍省ビルから東へ延びるサンクトペテルブルク一番の繁華街であるネフスキー大通りのほぼ中央部の蜂起広場の南側に面していて、サンクトペテルブルク地下鉄路面電車などからの接続も便利である。

駅構造[編集]

ホーム[編集]

島式ホーム7面11線の地上駅である。発車線はホーム毎に1番から7番まで割り振られており、発車線の番号は各ホームの右側・左側という形で区別される。改札は1番から3番までのホームのみに設置されている。

モスクワ駅プラットホーム
ホーム 路線 行先 備考
1~4 モスクワ線 トスノ方面 快速・普通
ヴォルホフストロイ線 ムガ方面 普通
5~7 モスクワ線 モスクワ方面 特急

ダイヤ[編集]

特急列車は1日30本から40本程度発車するが、サプサン号以外のほとんどが夜行列車であるため、午前中は本数が少なく5時間程度間隔が空くこともある。普通・快速列車はモスクワ線が1日約30本、ヴォルホフストロイ線が1日約20本発車する。モスクワ線は通勤時間帯中心の運行であるが、閑散時でも毎時1本程度の本数が確保されている。ヴォルホフストロイ線は午前中に3時間程度間隔が空くことがあるが、他の時間帯はおおむね毎時1本程度発車する。

コンコース[編集]

特急列車用コンコースと普通列車用コンコースに分かれている。駅舎が特急列車のコンコース、駅舎西隣の広場(屋外)が普通列車用コンコースとなっており、切符売場も特急用と普通用に分かれている。駅舎の入口では手荷物検査を行っているが、地下鉄蜂起広場駅の出口から入場する場合は手荷物検査が無い。

接続路線[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

  • 駅舎脇乗場
    • マリインスキー劇場方面:3系統
    • スモーリヌイ聖堂方面:54・74系統
  • リゴフ大通り西側乗場
    • フルンゼ方面:16а・54・74・76・91・141系統
    • モスクワ広場方面:3・26・65系統

駅周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

隣の駅[編集]

ロシア鉄道
モスクワ線・ヴォルホフストロイ線
特急「二つの都」「赤い矢」「エクスプレス」
サンクトペテルブルク・モスクワ駅 - モスクワ・レニングラード駅
特急「アファナシー・ニキーチン」「スメナ・A・ベタンクール」
サンクトペテルブルク・モスクワ駅 - トヴェリ駅
特急「北のパルミラ」「サマラ」
サンクトペテルブルク・モスクワ駅 - ボロゴエ・モスクワ駅
特急「ペレスヴェト」「黒海」「ポヴォルジエ」「ヴォルガ」「織物地域」「トヴェリ・エクスプレス」「栄光」
サンクトペテルブルク・モスクワ駅 - 小ヴィシェラ駅
愛称なし特急
サンクトペテルブルク・モスクワ駅 - 小ヴィシェラ駅(一部はモスクワ・レニングラード駅、トヴェリ駅、上ボロチョク駅、ボロゴエ・モスクワ駅、ウグロフカ駅オクロフカ駅までノンストップ)
特急「サプサン」
サンクトペテルブルク・モスクワ駅 - チュドヴォ駅(一部のみ。他にモスクワ・レニングラード駅、ボロゴエ・モスクワ駅、オクロフカ駅までノンストップの便もある)
快速
サンクトペテルブルク・モスクワ駅 - ナヴァロチナヤ駅(一部のみ。他にコルピノ駅ソルチノヴォチナヤ駅ファルフォロフスカヤ駅までノンストップの便もある)
普通
サンクトペテルブルク・モスクワ駅 - ナヴァロチナヤ駅(一部はファルフォロフスカヤ駅までノンストップ)

関連項目[編集]

座標: 北緯59度55分47秒 東経30度21分44秒 / 北緯59.92972度 東経30.36222度 / 59.92972; 30.36222