モスコプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モスコプス
モスコプス
モスコプス復元想像図
地質時代
ペルム紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 四肢動物上綱 Tetrapoda
: 単弓綱 Synapsida
: 獣弓目 Therapsida
亜目 : ディノケファルス亜目 Dinocephalia
下目 : タピノケファルス下目 Tapinocephalia
: タピノケファルス科 Tapinocephalidae
: モスコプス属 Moschops
学名
Moschops
Broom1911
  • E.capensis

モスコプス (Moschops=“仔ウシの頭”の意) は、古生代ペルム紀後期(約2億5,500万年前)の南アフリカに生息していた単弓類絶滅した獣弓目 - ディノケファルス亜目(恐頭亜目とも)に属する。主に南アフリカ及びヨーロッパ東部に生息。南アフリカのカルーから化石が大量に出土している。

特徴[編集]

全長2.4〜5メートル。ディノケファルス類の中では最大級となる。身体の割りに大きな頭部が特徴。頭骨が非常に厚く最大で10センチメートルにも達することから、彼らは頭を打ちつけ合うような儀礼的闘争を行ったという説もある。植物食で、歯は交互に噛み合い、切歯には「切歯距」と呼ばれる段が生じている。また、犬歯は消失している。彼らはこれで大量の植物を一度に摘み取り、胃に送り込んでいたと思われる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]