モスクワ大環状道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
モスクワ大環状道路(ヴラジーミル州で)

モスクワ大環状道路(モスクワだいかんじょうどうろ、ロシア語: Московское большое кольцо、略称:МБК=エムベーカー)は、ロシア首都モスクワの一番外側にある環状道路である。

概要[編集]

モスクワ大環状道路はロシアの首都・モスクワのサドーヴォエ環状道路モスクワ環状道路などの環状道路の一番外側にあるもので、総延長は546kmで、ロシア連邦道路A108である。愛称は「大コンクリートくん」(ボルシャヤ・ベトンカ)。

この道路のすぐ内側には「モスクワ小環状道路」がすでにあり、モスクワ中央環状道路Central Ring Road)も2018 FIFAワールドカップ(モスクワ)に一部開通するように計画されている。 [1]

モスクワ大環状道路はモスクワ市をぐるっと大きくモスクワ州カルーガ州ヴラジーミル州を通って取り囲んでおり、通過する近郊都市としてはオレホヴォ=ズエヴォ、リキノー=ドゥリョーボ、クローフスコエ、ヴォスクレセンスクバラバーノボルーザクリーンドミトロフなどとなる。

脚注[編集]

関連項目[編集]

モスクワの環状道路: