解脱 (ジャイナ教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャイナ教
Jain Prateek Chihna.svg
祈り
ナモーカール・マントラ英語版 · ミッチャミ・ドゥッカダム英語版
哲学
アネーカーンタヴァーダ · スヤードヴァーダ · ナヤヴァーダ · ジャイナ宇宙論 · アヒンサー · カルマ · ダルマ · ニルヴァーナ · ケーヴァラ・ジニャーナ · モークシャ · ドラヴィヤ · ナヴァタットヴァ  · アステーヤ英語版 · アパリグラハ · グナスターナ英語版 · サンサーラ
主な信仰対象
ティールタンカラ英語版 · リシャバ英語版 · マハーヴィーラ · アーチャーリャ · ガナダーラ英語版 · シッダセーナ・ディヴァーカラ英語版 · ハリバドラ
宗派
空衣派 · 白衣派
聖典
カルパスートラ英語版 · アーガマ英語版 · タットヴァールタ・ストラ英語版 · ナーラティヤール英語版 · サンマッティ・プラカラン
その他
パラスパローパグラホー・ジーヴァーナーム英語版 · シンボル英語版 · 英語版
祝日
マハーヴィール・ジャヤンティ英語版 · パリュシャーナ英語版 · ディーワーリー

ジャイナ教 ポータル
· ·

ジャイナ教における解脱サンスクリット語: मोक्ष, Mokṣa [モークシャ]、プラークリット: मोक्ख, Mokkha [モッカ] )は、という存在にとって至福の状態であり、の呪縛や輪廻からの完全なる解放である。解放された魂は無限の至福、無限の知識、無限の知覚を伴った自身の真の不垢なる本性に到達するとされる。このような状態にある魂はシッダ(siddha)あるいはパラマートマン(paramātman)と呼ばれ、魂が到達しようとするべき最高の、もっとも気高い目標地点とされる。ジャイナ教によれば、魂は、「三宝」、すなわち、1.正しい認識、2.正しい知識、3.正しい行いに基づいてこの状態に至るとされる。そのためジャイナ教には、「解脱への道」(mokṣamārga、モークシャマールガ)という呼称もある。

概要[編集]

解脱(mokṣa)という概念は、それ自体が主体的に自身の行動を行い、その結果を享受し、責任を持っている無限にして永遠の魂の存在を前提としている。そのうえで、全ての魂は世界の物質的な活動に絡めとられ、永遠に過去からに束縛され、ある存在から別の存在へと転生再生を繰り返しているとされる。ジャイナ教によれば、全ての魂はこの繰り返される生と死の繰り返しを終わらせて解放、つまり解脱に到達できるという。

ジャイナ経典にみられる記述[編集]

サマン・スッタム(Samaṇ Suttaṁ[1])は、ニルヴァーナに関する以下の記述より成る -

  • 苦痛も快楽もなく、苦しみも生もなく、生まれることも死ぬこともない場所、それが解脱である。(617)
  • 感覚器官も、驚きも、眠りも、渇きも、飢えもない場所、それが解脱である。(618)
  • カルマもなく、カジカルマもなく、心配事もなく、専門的にはアルッタラウドラダルマスクラなどと呼ばれるようないかなる種類の思考もない場所、それがニルヴァーナである。(619)

ウッタラディヤーナ・スートラ[2]によって、パールシュヴァの門人のケーシにガウタマが解脱の意味を説明した様子がわかる。

あらゆる観点から見て安全だが到達しがたい場所があり、そこでは年を取ることも死ぬこともなく、苦しみもなければ病気をすることもない。ニルヴァーナ、あるいは苦痛からの解放、あるいは完全性と呼ばれている場所こそがあらゆる観点から見て安全で、幸福で、静寂な場所であり、偉大な賢者たちがそこに到達できる。そこはあらゆる観点から見て永遠の場所であるが到達しがたい。そこへ到達した賢者は悲しみから解放され、存在の流れを終わらせた。(81-4)

バーヴィヤター[編集]

カルパスートラに描かれたマハーヴィーラのニルヴァーナつまり解脱。シッダシーラが三日月形に描かれている。
限りない数のシッダの棲み処であるジャイナ宇宙論に基づいたシッダ・シーラの図案化

しかし、解脱の達成可能性の観点から、ジャイナ経典は霊魂(jīva)をバーヴィヤ(bhāvya)とアバーヴィヤ(abhāvya)の二つのカテゴリに分ける。バーヴィヤである霊魂とは解脱を信じており、そのため解脱へいたろうと努力している霊魂のことである。この可能性あるいは性質はバーヴィヤター(bhāvyatā)と呼ばれている[3]。しかしながら、バーヴィヤター自体は解脱を保証するものではない、というのも魂は解脱するためには必要な努力を尽くす必要があるからである。一方アバーヴィヤである魂とは、解脱を信じておらず解脱に至ろうと努力することがないために、解脱へ至ることができない魂のことである。

個別性の概念[編集]

ジャイナ教は解脱の後にも個別性の概念が存続することを支持する。解脱に至った魂もまだ解脱に至っていない魂も無数に存在する。解脱に至ったのちにも魂は互いに区別できる個別性を保つ。そのため、永遠・無限の至福の中にシッダ(成就者)が無数に存在する。

シッダシーラ[編集]

ジャイナ宇宙論によれば、シッダシーラ(siddhaśīla)とは、シッダ(siddha、成就者)が居住する場所である。シッダシーラは宇宙の頂に存する。

人間として生まれること[編集]

解脱は人間としての生においてのみ到達できる。神々や天上の存在であっても人間同様に転生し、解脱するためには正しい認識、正しい知識、正しい行為に従う必要がある。ジャイナ教によれば、人間として生まれることは非常に得がたい、貴重なことであり、そのため人間は賢い選択をするべきだという。

解脱への道標[編集]

魂は永遠の過去から業(カルマ)に束縛されている。解脱へいたる第一のステップはサムヤクトヴァ(samyaktva、正しいこと)、つまり正しい認識、正しい知識、正しい行為の三つを教え込むことである。

サムヤクトヴァ[編集]

ジャイナ教によれば、まとめて「三宝」(ratnatraya、ラトナトラヤ)としても知られている正しい認識(samyak darśana)、正しい知識(samyak jñāna)、正しい行為(samyak caritra)が真のダルマを構成している。ウマースヴァーティーによれば、この三つが解脱への道を構成する[4]

正しい認識(samyak darśana)は宇宙の全ての実体の真の本性に関する正しい確信である[5]

正しい知識(samyak jñāna)は、真理(tattva、タットヴァ)に関する知識を正しく知っていることである。これは多元論(アネーカーンタヴァーダ)と相対論(スィヤードヴァーダ)との二つの原理と一体となる。正しい知識は三つの瑕疵、つまり疑い、欺き、不確定性から免れていなければならない。

正しい行為(samyak caritra)は生きている存在(魂)の本来の行為である。これは正しい行為、五大誓戒(mahāvrata)の順守、五官について気をつけることや、自己制御を厳粛に行うことに存する[6]。 一たび魂がサムヤクトヴァ(samyaktva)を獲得すると、解脱が短い期間で得られることが保証される。

完全智(ケーヴァラ・ジュニャーナ)[編集]

完全智(kevala jñāna)、つまり正見(samyak dṛṣṭi)を獲得した魂が到達できる超越的な知識の最高の形式、は「究極的な知識」、「悟り」とも呼ばれる。完全智(ケーヴァラ)とは、業(カルマ)の残余を焼き払い、生と死の繰り返しから解放する禁欲的な実践を通じて獲得される、アジーヴァ(ajīva、非霊魂)からジーヴァ(jīva、霊魂)が解放された状態のことである。そのため完全智とはガーティヤー・カルマを完全に消滅させた後の魂によって得られる、自己あるいは非自己に関する無限の知識を意味する。そういった完全智を獲得した人間はケーヴァリン(kevalin)と呼ばれる。ケーヴァリンは勝者(jina、ジナ)あるいは阿羅漢(arhat、アルハット)としても知られ、ジャイナ教徒によって最高の存在としてあがめられる。この段階に至った魂はアガーティヤー・カルマを消し去ったのち、生涯の最後に解脱に至る。

涅槃(ニルヴァーナ)[編集]

涅槃(Nirvāṇaニルヴァーナ)は業(カルマ)の呪縛からの究極的な解放を意味する。阿羅漢やティールタンカラのような悟りを開いた人間は自身のアガーティヤー・カルマを消去し、物質的世界における自身の存在に終わりを告げる。これが涅槃(ニルヴァーナ)である。ジャイナ教では、阿羅漢の死は涅槃と言われる、というのはその阿羅漢は物質的世界での自身の存在を終わらせ解脱に至ったからである。解脱は涅槃(ニルヴァーナ)に伴うものである。しかし、ジャイナ経典において解脱(モークシャ)という術語と涅槃(ニルヴァーナ)という術語はしばしば同じ意味のものとして使われる[7][8]。阿羅漢は涅槃に至ったのちに成就者(シッダ)になる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Varni, Jinendra; Ed. Prof. Sagarmal Jain, Translated Justice T.K. Tukol and Dr. K.K. Dixit (1993). Samaṇ Suttaṁ. New Delhi: Bhagwan Mahavir memorial Samiti. 
  2. ^ Jacobi, Hermann; Ed. F. Max Müller (1895). Uttaradhyayana Sutra, Jain Sutras Part II, Sacred Books of the East, Vol. 45. Oxford: The Clarendon Press. http://www.sacred-texts.com/jai/sbe45/index.htm. 
  3. ^ Jaini, Padmanabh (2000). “Chapter 5. Bhavyata and Abhavyata : A Jaina Doctrine of 'Predestination'”. Collected Papers on Jaina Studies. Delhi: Motilal Banarsidass Publ.. ISBN 81-208-1691-9. 
  4. ^ Kuhn, Hermann (2001). Karma, The Mechanism : Create Your Own Fate. Wunstorf, Germany: Crosswind Publishing. ISBN 3-9806211-4-6. 
  5. ^ Jaini, Padmanabh (1998). The Jaina Path of Purification. New Delhi: Motilal Banarsidass. ISBN 81-208-1578-5. 
  6. ^ *Varni, Jinendra; Ed. Prof. Sagarmal Jain, Translated Justice T.K. Tukol and Dr. K.K. Dixit (1993). Samaṇ Suttaṁ. New Delhi: Bhagwan Mahavir memorial Samiti.  Verse 262 - 4
  7. ^ Jaini, Padmanabh (2000). Collected Papers on Jaina Studies. Delhi: Motilal Banarsidass Publ.. ISBN 81-208-1691-9. : "Moksa and Nirvana are synonymous in Jainism". p.168
  8. ^ Michael Carrithers, Caroline Humphrey (1991) The Assembly of listeners: Jains in society Cambridge University Press. ISBN 0521365058: "Nirvana: A synonym for liberation, release, moksa." p.297