メーン・イベント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メーン・イベント
The Main Event
監督 ハワード・ジーフ
脚本 ゲイル・ペアレント
アンドリュー・スミス
製作 ジョン・ピーターズ
バーブラ・ストライサンド
製作総指揮 ハワード・ローゼンマン
レニー・ミッセル
出演者 バーブラ・ストライサンド
ライアン・オニール
音楽 マイケル・メルヴォイン
撮影 マリオ・トッシ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年6月22日
日本の旗 1979年12月15日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $42,800,000[1]
テンプレートを表示

メーン・イベント』(原題:The Main Event)は、1979年制作のアメリカ合衆国の映画

ボクシングをモチーフとしたロマンティック・コメディ映画である。ハワード・ジーフ監督、バーブラ・ストライサンド(兼・製作)、ライアン・オニールが出演。

あらすじ[編集]

ヒラリー・クレイマーは香水会社の社長であったが、支配人が会社の全資産を持ち逃げしたため、破産してしまい、会社は人手に渡ってしまう。

彼女の手元に残されたのは、エディ“キッド・ナチュラル”・スキャンロンなるボクサーとの間に交わされた契約書だけだった。

エディのファイトマネーを借金の返済に充てようと考えたヒラリーだったが、エディは既に引退していた。すると、ヒラリーは裁判に訴えると脅して、無理矢理エディを現役復帰させる。

エディはわざと負けてヒラリーの思惑を断念させようとするが、ヒラリーはますます熱心になる。しかし、応援するつもりがかえって邪魔になり、2人は喧嘩ばかり。

これを見た大物プロモーターの思いつきで、ヒラリーがセコンドに付く事を条件に、チャンピオンのヘクターとの試合がプロモートされる事になった。

試合に向けてトレーニングを積む中、エディとヒラリーはお互いを異性として意識するようになっていく。

いよいよチャンピオンとの試合が始まり、エディ優勢のうちに進んでいくのだが…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ヒラリー・クレイマー バーブラ・ストライサンド 鈴木弘子
エディ“キッド・ナチュラル”・スキャンロン ライアン・オニール 津嘉山正種
デヴィッド ポール・サンド
パーシー ウィットマン・メイヨー
ドナ パティ・ダーバンヴィル
ルイス チュ・チュ・マラーヴ
ヘクター リチャード・ローソン
ガフ ジェームズ・グレゴリー
リチャード・アルトマン
アール・ボーエン
アーニー・ハドソン
アート・エヴァンス

テレビ放送:テレビ朝日日曜洋画劇場1985年2月17日

脚注[編集]

  1. ^ Box Office Information for The Main Event”. Box Office Mojo. 2012年1月28日閲覧。

外部リンク[編集]