メーベルの多忙な一日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メーベルの多忙な一日
Mabel's Busy Day
Mabel Busy Day.jpg
監督 メーベル・ノーマンド
脚本 メーベル・ノーマンド
製作 マック・セネット
出演者 メーベル・ノーマンド
チャールズ・チャップリン
チェスター・コンクリン
スリム・サマーヴィル
ビリー・ベネット
ハリー・マッコイ
ウォレス・マクドナルド
アル・セント・ジョン
チャーリー・チェイス
マック・セネット
ヘンリー・レアマン
撮影 フランク・D・ウィリアムズ
配給 キーストン・フィルム・カンパニー
公開 1914年6月13日
上映時間 16分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

メーベルの多忙な一日』(Mabel's Busy Day) は、1914年公開の短編サイレント映画キーストン社による製作で、監督はメーベル・ノーマンド。1971年に映画研究家ウノ・アスプランドが制定したチャールズ・チャップリンのフィルモグラフィーの整理システムに基づけば、チャップリンの映画出演18作目にあたる[1][注釈 1]

あらすじ[編集]

メーベルは、自動車レースの会場でホットドッグを売っていたが、商売は芳しくなかった。そこに酔っぱらったチャーリーが入ってメーベルの手伝いをするが、チャーリーは売り子の手伝いをするふりをしてはホットドッグをいくつか失敬し、自分の商品として観客に売って回っていた。やがてメーベルは乱暴な観客や警察と揉め事になり、そこにチャーリーが割って入るが、メーベルに事の次第を看破されてチャーリーは警官に突き出される[2]

概要[編集]

ヴェニスの子供自動車競走』に続くレース場を題材にした作品。もっとも、『ヴェニスの子供自動車競走』では観客席にクルーを入れても観客の誰もがクルーを気にしていないのに対し、この『メーベルの多忙な一日』では観客席とクルーを切り離すための仕切りが設けられている[3]。『ヴェニスの自動車競走』からわずか4か月で、チャップリンは世間が注目するスターになっていた、チャップリンの伝記を著した映画史家のデイヴィッド・ロビンソン英語版はそう指摘する[3]。作品そのものの個性に関してはキーストン映画おなじみの即興ものの色合いが濃く、ノンフィクション作家で映画史家のテッド・オクダ英語版は「メーベルの魅力とチャップリンの演技で、なんとか作品の面目が保たれている」と指摘している[2]

なお、この作品はかつてメーベルとチャップリンの共同監督作品とみられていたが、チャップリン自身が1914年8月に異父兄シドニー・チャップリンにあてた手紙に記された自身のフィルモグラフィーにはこの作品が自身の監督作としては扱われていないことから、メーベルの単独監督作として扱われるようになった[4]。メーベルとチャーリーとコンクリンのシーンに野次馬が入り込んでいるが回りにロープが張られチャップリンの絶大な人気を伺える物になっている。

キャスト[編集]

etc

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1914年製作、2010年発見の『泥棒を捕まえる人』を除く

出典[編集]

  1. ^ #大野 (2007) p.252
  2. ^ a b #Ted Okuda p.47
  3. ^ a b #ロビンソン (上) p.165
  4. ^ #ロビンソン (上) pp.161-163, p.165

参考文献[編集]

  • チャールズ・チャップリン『チャップリン自伝』中野好夫(訳)、新潮社、1966年。ISBN 4-10-505001-X
  • デイヴィッド・ロビンソン『チャップリン』上、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋、1993年。ISBN 4-16-347430-7
  • デイヴィッド・ロビンソン『チャップリン』下、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋、1993年。ISBN 4-16-347440-4
  • 大野裕之『チャップリン再入門』日本放送出版協会、2005年。ISBN 4-14-088141-0
  • Charlie Chaplin at Keystone And Essanay: Dawn of the Tramp - Google ブックス
  • 大野裕之『チャップリン・未公開NGフィルムの全貌』日本放送出版協会、2007年。ISBN 978-4-14-081183-2

外部リンク[編集]