メンヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブルターニュ、2つのKergadiouメンヒル

メンヒルmenhir)は、ヨーロッパ先史時代に立てられた、単一で直立した巨石記念物(モノリスまたはメガリス)。

「メンヒル」という単語は、フランス語経由で19世紀の考古学者に採用されたもので、ブルトン語の「長い石」を意味する単語に基づいている(現代のウェールズ語では「長い石」は「maen hir」)。現代のブルトン語では、「peulvan」と呼ばれる。

特徴[編集]

現存するもっとも大きなメンヒルは、ブルターニュロクマリアケールen:Locmariaquer)にある「Grand Menhir Brisé」(大きな壊れたメンヒル)で、かつて約20メートルの高さがあった。壊れて4つの部分が横たわっているが、約330トンあったと見られており、機械によらずに人間が動かしたもっとも重い物体と考えられる。ほかの地域では、巨石はキリスト教徒によって組織的に倒された。北ドイツでは、かつて多くのメンヒルが立っていたが、今日ではほとんど1つも残っていない。メンヒルの列石も知られており、もっとも有名なのはブルターニュのカルナック列石en:Carnac stones)で、3000以上のメンヒルが3つのグループに並べられており、数キロメートルにわたって整列している。

ブルターニュのKerloasメンヒル、9.5メートルで立っているメンヒルとしては最も高い

フランスで2番目にメンヒルが集中しているのは、花崗岩の多いセヴェンヌen:Cévennes)にある石灰岩の高原に立つ「Cham des Bondons」である。現在はセヴェンヌ国立公園の中で保護されている。遊牧が確立された時期から、この場所は計画的な焼畑や放牧によって開けた土地にされてきた[1]。一組の球形の丘のように、この場所の自然は女性的な形を思わせる。

メンヒルの形は、頂点に向かって四角く先細りになる傾向がある。一般的には荒く刻まれた形である。垂直方向に溝があるものもあり、カルナックではそうした溝は部分的に平らにされている。

ブルターニュ、カルナックの6.5メートルのメンヒル「Géant du Manio」

スカンディナヴィアでは、メンヒルは先ローマ鉄器時代やその後にも立てられ続けた(en:Menhir (Iron Age)を参照)。通常は死者の灰の上に立てられている。鉄器時代のメンヒルは、孤立して立てられることも、ストーン・シップやストーン・サークルの形で立てられることもある。1世紀には、その伝統はおそらくゴート人によって北ポーランドにもたらされた(en:Wielbark Cultureを参照)。

スノッリ・ストゥルルソンの『ノルウェー諸王列伝』(en:Heimskringla、例:ヴァンランド)によれば、メンヒルは偉人の記念のために立てられた。巨石を立てる伝統は、en:Björketorp Runestoneなどを中間として、ルーンストーンに発展した[2]

メンヒルがどのような文化的意味のもとに立てられたのかは、実際的には解明されていない。

メンヒルの建立者は近年までメンヒルはビーカー人en:Beaker culture)(紀元前3000年代後期の後期新石器時代や初期青銅器時代にヨーロッパに定住した人々)と結び付けられていた。しかし、ブルターニュのメガリスの時代に関する近年の調査では、起源はもっと古く、6000年から7000年前に遡る仮説が示されている。ヨーロッパにおけるメンヒルの分布は、ハプログループR1b (Y染色体)の高頻度域と見事に一致しており、このグループに属す人々がメンヒルを建てたものと考えらえる。このグループは新石器時代にヨーロッパに農耕をもたらした集団と考えられ、ハプログループR1b (Y染色体)は現在はバスク人に90%以上に見られる[1]ことから、彼らはバスク語に近い言語(バスコン語)を話していたことが想定される。

代表的なメンヒル[編集]

ドイツ、サンクト・インクバートのSpellenstein

イングランド[編集]

フランス[編集]

ドイツ[編集]

  • Gollenstein、ブリースカステル(高さ6.6メートル)
  • Spellenstein、サンクト・インクバート(高さ5メートル)

ポルトガル[編集]

スカンディナヴィア[編集]

その他[編集]

メンヒルは、擬似考古学の思索の題材として好まれている。 メンヒルは先史時代の文化とよく結び付けられるので、漫画『アステリックス』で顕著に取り上げられている。 芸術や文学におけるメンヒルについては、パウル・ツェラーンのドイツ語詩「メンヒル」を参照(英訳はJonathan Skolnik, "Kaddish for Spinoza: Memory and Modernity in Heine and Celan" NEW GERMAN CRITIQUE 77 (1999))。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • ^ Adams S, King T, Bosch E, Jobling M (2006). "The case of the unreliable SNP: recurrent back-mutation of Y-chromosomal marker P25 through gene conversion". Forensic Sci. Int. 159 (1): 14–20. doi:10.1016/j.forsciint.2005.06.003. PMID 16026953