メレディス (DD-726)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
USS Meredith (DD-726) underway at sea on 16 April 1944 (NH 89423).jpg
艦歴
発注 1942年
起工 1943年7月26日
進水 1943年12月21日
就役 1944年3月14日
退役
その後 1944年6月9日に沈没
1960年8月5日にスクラップとして売却
除籍
性能諸元
排水量 2,200トン
全長 376 ft 6 in (114.8 m)
全幅 40 ft (12.2 m)
吃水 15 ft 8 in (4.8 m)
機関 2軸推進、60,000 shp (45 MW)
最大速 34 ノット (63 km/h)
航続距離 6,500 海里 (12,000 km) 15ノット時
乗員 士官、兵員336名
兵装 38口径5インチ砲6門
40mm対空砲12門
20mm対空砲11門
21インチ魚雷発射管10門
爆雷軌条2軌

メレディス (USS Meredith, DD-726) は、アメリカ海軍駆逐艦アレン・M・サムナー級駆逐艦の1隻。艦名はバーバリ戦争ジョン・トリップ大尉の命を救った海兵隊軍曹ジョナサン・メレディスに因む。その名を持つ艦としては3隻目。

艦歴[編集]

メレディスは1943年7月26日にメイン州バスバス鉄工所で起工した。1943年12月21日にウィリアム・ケッパー夫人によって命名、進水し、1944年3月14日に艦長ジョージ・ニュープファー中佐の指揮下就役した。

バミューダでの整調後、メレディスは船団護衛として1944年5月8日にボストンを出港し、5月27日にイングランドプリマスに到着した。6月5日から6日にかけてメレディスはノルマンディー上陸作戦に参加する輸送船団の護衛を担当した。6日にはユタ・ビーチの上陸部隊に対する支援射撃を行った。翌朝早く、防御艦として沖合を航行中に機雷に接触する。爆発により7名が死亡、50名以上が負傷および行方不明となった、メレディスは大きく損傷し、浮揚のためセーヌ湾に曳航され投錨した。しかしながら9日の朝、敵機の攻撃により裂け目が大きく開き、2つに分断、沈没した。護衛駆逐艦ベイツ (USS Bates, DE-68) が生存者163名を救助した。

1960年8月5日、メレディスの船体はフランスの St. Française de Recherches 社に売却された。船体は1960年9月に引き揚げられ、スクラップとして廃棄された。

メレディスは第二次世界大戦の戦功で1個の従軍星章を受章した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]