メルドニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メルドニウム
識別情報
CAS登録番号 86426-17-7 チェック
PubChem 123868
ChemSpider 110405 チェック
UNII 73H7UDN6EC チェック
KEGG D10504
特性
化学式 C6H15N2O2+
モル質量 147.19 g/mol
外観 White to off-white powder
への溶解度 >40 mg/mL
危険性
安全データシート(外部リンク) MSDS
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

メルドニウム(meldonium、ミルドロネート、mildronate、THP、MET-88、Mildronāts、Quaterine[1])は、狭心症治療薬として一部の国で使用される薬物。現在はラトビアの製薬会社Grindeksが生産[2]してリトアニアロシア連邦で使用されている。アメリカ食品医薬品局 (FDA) と日本の厚生労働省は認可しておらず、2018年時点で日本国内では販売されていない[3]

薬理作用[編集]

一酸化窒素を介した動脈拡張作用のほか、カルニチン生合成を阻害し、酸素を大量に消費する脂肪酸の酸化を抑制し、グルコール酸化による効率的なエネルギー新生に転換させる作用などが知られる。テストステロンからエストロゲンへの転換を阻害し、体内の男性ホルモン濃度を上昇させる。

ドーピング[編集]

2015年ヨーロッパ競技大会で、出場選手662人の尿762検体中のうち8.7%にあたる66検体が陽性[4]を呈し、21種目中15試合の出場選手と13人の優勝者が陽性と判定され、全出場選手662人中3.5%にあたる23人が摂取を認めた。これらの競技者が競技力向上を目的として使用していたことから世界アンチ・ドーピング機関 (WADA) は2015年に監視プログラムに掲載[5][6]し、2016年1月1日に発効となる禁止表に掲載[7]した。

WADAはこれまで選択的アンドロゲン受容体モジュレーターのうちインシュリンのみを禁止表に掲載していた[8]。これらの物質は体内のさまざまな酵素反応を促進や抑制してテストステロンからエストラジオールへの変換を阻害するため、選択的アンドロゲン受容体モジュレーターは2001年、選択的エストロゲン受容体モジュレーターは2005年の大会から禁止されていた[9]

WADAは「予備試験により、薬物が体内から消失するには数週間から数ヶ月かかることが示された」として、「2016年3月1日以前に実施された検査は、1マイクログラム/ミリリットル未満のメルドニウムを許容」とするガイドラインを2016年4月13日に発効した[10]

2016年に、テニス選手のマリア・シャラポワドーピング違反によりリオデジャネイロ五輪などに出場停止となった原因物質でもある。

出典[編集]

  1. ^ Patent Number: 1429753. http://www.surechem.org/index.php?Action=document&docId=679316&db=EPB&tab=desc&lang=EN&db_query=2%3A0%3A&markupType=all (accessed 16 August 2012).
  2. ^ JSC Grindeks. http://www.grindeks.lv (accessed 17 May 2012).
  3. ^ 2016年3月現在、薬価収載はなく、添付文書もデータベースに登録されていない
  4. ^ Meldonium use by athletes at the Baku 2015 European Games”. bmj.com. 2016年3月8日閲覧。
  5. ^ “WADA updates list of banned substances”. USA Today. Associated Press. (2015年9月30日). https://www.usatoday.com/story/sports/olympics/2015/09/30/wada-updates-list-of-banned-substances/73073450/ 2016年3月7日閲覧。 
  6. ^ WADA 2015 Monitoring Program”. wada-ama.org. WADA (2016年1月1日). 2017年12月19日閲覧。
  7. ^ 世界アンチ・ドーピング規定2016年禁止表国際基準”. 日本アンチ・ドーピング機構 (2015年12月1日). 2017年12月19日閲覧。
  8. ^ Prohibited List”. World Anti-Doping Agency (2016年1月). 2016年3月11日閲覧。
  9. ^ S4 Hormone and metabolic modulators. Antidoping Switzerland.
  10. ^ https://www.nytimes.com/2016/04/14/sports/wada-meldonium-drug-testing.html

関連項目[編集]