メルセデス・ベンツ・W212

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メルセデス・ベンツ・Eクラス > メルセデス・ベンツ・W212

W212/S212/C207/A207は、メルセデス・ベンツの4代目Eクラスを指すコードネームである。頭文字の“W”はセダン、“S”はステーションワゴン、“C”はクーペ、“A”はカブリオレを表す。

概要[編集]

メルセデス・ベンツ・Eクラス
W212型
E200 CDI (後期型)
Mercedes-Benz E 200 Avantgarde (W 212, Facelift) – Frontansicht, 24. Oktober 2015, Münster.jpg
Mercedes-Benz E 200 CDI Avantgarde (W 212, Facelift) – Heckansicht, 25. Mai 2013, Düsseldorf.jpg
E250 CDI (前期型)
Mercedes E 250 CDI BlueEFFICIENCY Elegance 20090518 front.JPG
販売期間 W212/C207 2009年-
S212/A207 2010年-
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
2ドアクーペ
2ドアカブリオレ
エンジン ガソリン:
271型 1.8L 直列4気筒 ターボ
274型 2.0L 直列4気筒 ターボ
M272M30型 3.0L V型6気筒
M272型 3.5L V型6気筒
M276型 3.5L V型6気筒
M273型 5.5L V型8気筒
M156型 6.2L V型8気筒
ディーゼル:
651型 2.2L 直列4気筒 ターボ
OM642型 3.0L V型6気筒 ターボ
変速機 5速AT/7速AT
駆動方式 FR/4WD
全長 セダン:4,870 mm
ワゴン:4,900 mm
クーペ/カブリオレ:4,705 mm
全幅 セダン/ワゴン:1,855 mm
クーペ/カブリオレ:1,785 mm
全高 セダン:1,470 mm
ワゴン:1,515 mm
クーペ/カブリオレ:1,395 mm
ホイールベース セダン/ワゴン:2,875 mm
クーペ/カブリオレ: 2,760 mm
最小回転半径 5.3 m
-自動車のスペック表-
E250 CDI (前期型)

2009年の北米国際オートショーで正式デビュー、日本国内では同年の6月にデリバリーが開始。W210から採用され続けてきた楕円型4灯式ヘッドライトは、斜め四角型のものへと変更されている。またW120で採用されていたポントンタイプと呼ばれるリアフェンダーを強調するサイドプレスラインが取り入れられたが販売面は好調とは言えず、2012年には水平基調の穏やかなものに改められたと同時にヘッドライトも二灯式に改められた。

機構面ではW211から引き続き採用された機能に加えてSクラス (W221) から採用された「COMANDシステム」も搭載された。安全面では「ニーバック」を含めた9つのエアバッグを筆頭に「NECK PRO (ネックプロ) アクティブヘッドレスト」「アクティブボンネット」「アダプティブハイビームアシスト」「アテンションアシスト」が採用された。

メーカーオプションとして、Sクラスから採用された「ナイトビューアシスト」の改良型である「ナイトビューアシストプラス」や、メルセデス初搭載の「レーンキーピングアシスト」などがある。ナビゲーション関係では、地上デジタル放送チューナー (日本仕様のみ) を搭載し、DVDからHDDへと変更された。

日本仕様は「COMANDシステム」が全車へ搭載されるとともに、E250 CGIとE63 AMG及びクーペを除く全車に「ダイレクトセレクト」も採用された。W211の後期モデルから登場したアバンギャルトSは廃止され、E250 CGIとE300のみエレガンスの設定がある[1]。当初はディーゼル車はラインナップされておらず、ステーションワゴンと共にW211型が販売されていた。

クーペとカブリオレ[編集]

セダンとは異なり、Cクラス (W204) のプラットフォームをベースに開発されている。ホイールベースや燃料タンク容量もW204と同じである。カブリオレは室内に発生する乱流を大幅に低減し、オープン時における乗員の快適性を向上させる「エアキャップ」とシートのヘッドレストに設けた吹き出し口から温風が吹き出し、前席乗員の首元を暖める「エアスカーフ」をオプションに設定するとともに、遮音性・耐候性・断熱性に優れたアコーディオンソフトトップを採用した。

ハイブリッドカー[編集]

このモデルから、Eクラスとしては初となるハイブリッドカー「E400 Hybrid」が設定された。これは3.5Lガソリンエンジン+モーターの組み合わせであり、日・米・中の3カ国のみに導入されている。また、ディーゼルエンジン+モーターの「E300 BlueTEC Hybrid」も追加され、これはヨーロッパのみならず世界市場に展開されている。しかし、日本市場には未導入である。

歴史[編集]

2009年[編集]

5月
  • セダンがフルモデルチェンジ。「E350 アバンギャルド」「E550 アバンギャルド」を販売開始。
7月
  • セダンに「E300」、「E300 AVG」も含めた右ハンドル仕様車、並びに「E350 クーペ」「E550 クーペ」を販売開始。
8月
  • セダンの「E63 AMG」を追加。
10月
  • セダン及びクーペに「E250 CGI ブルーエフィシェンシー」、セダンの「E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」販売開始。
  • 13日には「E350 4MATIC アバンギャルド」が追加された。

2010年[編集]

2月
  • ステーションワゴンがフルモデルチェンジ。「E250 ブルーエフィシェンシー」「E300」「E350」「E350 ブルーテック アバンギャルド」「E350 4MATIC アバンギャルド」「E550 アバンギャルド」「E63 AMG」の計7グレードを発売。同時にセダンにも「E350 ブルーテック アバンギャルド」を追加。
4月
  • 「E350 カブリオレ」を追加発売[2][3]
8月
  • セダン及びステーションワゴンを仕様変更。「E63 AMG」に採用されていたLEDドライビングライトをセダン・ステーションワゴンの全グレードへ拡大すると共に、フォグランプ機能をヘッドライトユニットに集約。また、既に装備済みの「E350 ブルーテック アバンギャルド」を除くセダンの全グレードにSRSぺルビスバッグを、同じく全グレードにアダプティブベルトフォースリミッターが後席にも拡大装備されたことで安全面も向上した。
  • ユーザーの選択肢を広げるため、新たに複数のオプションパッケージが設けられ、「E550 アバンギャルド」に設定されるエクスクルージブパッケージでは無償で装着できる。
  • 「E63 AMG」はレザーARTICOダッシュボードを採用すると共に、カーボン素材を多用したAMGカーボンエクステリアパッケージとAMGカーボンインテリアトリム、さらに「SLS AMG」にも採用されているAMGカーボンセラミックスブレーキのオプション設定を追加した[4]

2011年[編集]

1月
  • 自動車生誕125周年を記念し、特別仕様車「E250 CGI ブルーエフィシェンシー 125! Edition」のセダン&ステーションワゴン[5]及び、「E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125! Edition」[6]を発売。
4月
  • 前述の特別仕様車3グレードを一部改良。トランスミッションを従来の5速ATから7速AT[7]に置換。緻密な制御と多段化によって燃費が向上した[8]。また、シフトレバーについても従来のパドルシフトから、ステアリングコラム右側の電子セレクトレバーとシフトパドルで操作するDIRECT SELECT (ダイレクトセレクト) に置換された。なお、価格は据え置きとなる。
7月
  • 「E350 クーペ」と「E350 カブリオレ」を一部改良。エンジンを3.5L V型6気筒直噴BlueDIRECTに、トランスミッションを7速AT[7]にそれぞれ置換するとともに、ECOスタートストップ機能を搭載したことで環境性能が向上した[2][9]。なお、改良に伴って名称に“ブルーエフィシェンシー”が追加された。
11月
  • 1日、「E250 ブルーエフィシェンシー クーペ」と「E550 クーペ」を一部改良。「E250」はトランスミッションを7速AT[7]に変更し、ECOスタートストップ機能を追加したことで燃費が向上[9]。「E550 クーペ」は、4.7L V型8気筒直噴ツインターボエンジンにダウンサイジング (5.5L→4.7L) しながらも出力・トルクとともに7速AT[7]とECOスタートストップ機能の搭載により燃費性能も向上し、名称に“ブルーエフィシェンシー” が追加された。
  • 14日にはセダン&ステーションワゴンも一部改良。「E300」「E350」「E550」「E550 ステーションワゴン」の各アバンギャルドは先行で改良されたクーペ・カブリオレと同じパワートレインとECOスタートストップ機能を採用し、名称に“ブルーエフィシェンシー”が追加された。
  • 「E300 ステーションワゴン」もパワートレインの変更、ECOスタートストップ機能の追加に加えてスポーティー仕様化され、「E300 ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン AVG」となった。
  • 「E250 ブルーエフィシェンシー」「E250 ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン」「E250 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」にもECOスタートストップ機能を追加して燃費を向上するとともに、メモリー付パワーシート等の装備を追加。
  • 4WDモデルは従来グレードと入れ替えで、「E300 4MATIC ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」「E300 4MATIC ブルーエフィシェンシー アバンギャルド ステーションワゴン」を新グレードとして導入した。
  • 「E63 AMG」「E63 AMG ステーションワゴン」も、5.5L V型8気筒ツインターボエンジンへダウンサイジング (6.2L→5.5L)しながらも高出力化[10]
  • 日本では初めてセダン・ステーションワゴンに、PRE-SAFEブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)やディストロニック・プラス(アダプティブクルーズコントロール)などをセットにした、レーダーセーフティパッケージがオプション設定された。

2012年[編集]

5月
  • 15日に一部改良。「E250 ブルーエフィシェンシー」「E250 ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン」は一部装備内容の見直しにより車両本体価格を39万円値下げ、「E250 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」はパノラミックスライディングルーフをオプション設定に変更したことで車両本体価格を43万円値下げ。
  • 「E550 ブルーエフィシェンシー」「E550 ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン」はダッシュボードとドアパネル上部にステッチ入りのレザーARTICOを採用。また、「E250 ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド」を追加。さらにオプションの内、AMGスポーツパッケージ、パノラミックスライディングルーフ、リアエンターテインメントシステムは、より多くのユーザーに選びやすいよう値下げを行った。
  • 21日にはクーペ、カブリオレも一部改良。全車に18インチアルミホイール[11]を標準装備するとともに、「E550 ブルーエフィシェンシー クーペ」を除くクーペ全グレードとカブリオレはAMGスタイリングパッケージ、ダイナミックハンドリングパッケージ、パドルシフトも標準装備し、レーダーセーフティパッケージをオプション設定に追加した。
7月
  • 24日、「E300 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」「E350 ブルーテック アバンギャルド」の限定車「E300 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド リミテッド」「E350 ブルーテック アバンギャルド リミテッド」を発売[12][13]

2013年[編集]

1月
  • 9日、「E250 ブルーエフィシェンシー」「E250 ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド」「E300 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」の限定車「E250 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド RSP リミテッド」「E250 ブルーエフィシェンシー ステーション アバンギャルド RSP リミテッド」「E300 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド RSP リミテッド」を発売[14]
5月
  • 14日、“ブルーエフィシェンシー”の名称を廃止。
  • セダン&ステーションワゴンをマイナーチェンジ。「E250」「E250 アバンギャルド」は世界初となる成層燃焼リーンバーン+ターボチャージャー+排ガス再循環装置(EGR)で構成されたM274型エンジン(2.0L直列4気筒BlueDIRECTターボ)に置換され、ECOスタートストップ機能を組み合わせたことで最高出力・最大トルク・燃費を向上[2][15]
  • クリーンディーゼル車の「E350 ブルーテック アバンギャルド」は642型エンジン(3.0L V型6気筒BlueTEC)を改良したことで最高出力・最大トルク共に大幅向上するとともに、ECOスタートストップ機能を追加してエンジンマネジメントの最適化により燃費も向上[15][16]
  • セダンにはEクラスとしては初となるハイブリッド車「E400 ハイブリッド アバンギャルド」を新設。すでに他のグレードに搭載されている276型エンジン(3.5L V型6気筒BlueDIRECT)に電気モーターを組み合わせたことでゆとりのある走行性能を実現した[15]
  • レーダーセーフティパッケージに、新たにステレオマルチパーパスカメラと後方のマルチモードミリ波レーダーを追加。レーダーとカメラの複合式となったことより、レーダーのみで歩行者認識が苦手だったPRE-SAFEブレーキは歩行者の認識も可能となり、ディストロニック・プラスにステアリングアシスト機能を、BAS(ブレーキ・アシスト・システム)プラスに飛び出し検知機能をそれぞれ追加し、リアCPA(被害軽減ブレーキ付後方衝突軽減システム)を追加装備した。
  • レーダーセーフティパッケージの標準装備も拡大し、「E250」を除く全車に標準装備[17]となった。
  • Eクラスのトレードマークである4灯ヘッドライトを最新のデザイン手法によって再現したLEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用したほか、リアのLEDリアコンビランプのデザインを変更した。
  • ハイパフォーマンスモデルの「E63 AMG」には、AMG初のパフォーマンス志向四輪駆動機構[18]を搭載した4WD車「E63 AMG 4MATIC」、5.5L V型8気筒直噴ツインターボエンジンに専用チューニングを施した「E63 AMG S」(セダンのみ)、および同仕様の4WD車「E63 AMG S 4MATIC」が新たに追加された。

2014年[編集]

4月
  • 24日、セダン・ステーションワゴンを一部改良。一部グレードで装備内容やオプションの価格見直しが行われ、「E300 アバンギャルド」「E300 4MATIC アバンギャルド」「E350 ブルーテック アバンギャルド」に前席シートヒーターを、「E350 アバンギャルド」「E350 ブルーテック アバンギャルド」にAMGスポーツパッケージをそれぞれ標準装備化。また、「E300 アバンギャルド」「E300 4MATIC アバンギャルド」にオプション設定されているAMGスポーツパッケージと後席シートヒーター付本革シートはオプション価格の値下げを行った。
5月
  • 28日、セダン・ステーションワゴンの現行モデルへのマイナーチェンジから1周年を記念した特別仕様車「E250 アバンギャルド 1st Anniversary Edition」「E250 ステーションワゴン アバンギャルド 1st Anniversary Edition」を発売[19]
10月
  • 24日、セダン・ステーションワゴンを一部改良。全モデルで8インチ大画面モニターとワイヤレスヘッドホンによるリアエンターテインメントシステムとherman/kardonロジック7サウランドオーディオシステムを組み合わせた、オーディオ&ビジュアルパッケージを新設定[20]
  • 「E250」と「E250 アバンギャルド」は、オプション設定となっていたレーダーセーフティパッケージに、360°カメラシステム[21]、前席シートヒーター、キーレスゴー、後席分割可倒式シートを追加して新たにパッケージ化したベーシックパッケージを新設定[22]
  • AMG S系モデルは、これまで標準装備だったAMGカーボンパッケージをオプション設定に変更し、価格の引き下げを行った。
  • 「E550 ステーションワゴン アバンギャルド」は、触媒の変更を行った[2]

2015年[編集]

2月
  • 18日、「E350 アバンギャルド」「E350 ステーションワゴン アバンギャルド」に替わり、「E400 アバンギャルド」「E400 ステーションワゴン アバンギャルド」を追加[23]。既搭載の276型エンジンをツインターボ仕様に変更したことで最高出力・最大トルクを向上した。併せて、「E400 クーペ」には右ハンドル仕様を追加設定した。
3月
  • 31日、ガソリン車の「E250」「E250 ステーションワゴン」に替わり、クリーンディーゼル車の「E220 ブルーテック」「E220 ブルーテック アバンギャルド」「E220 ブルーテック ステーションワゴン」「E220 ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド」を追加[24]。日本向けモデルでは初投入となる、ピエゾインジェクターを用いたコモンレールダイレクトインジェクションや651型エンジン(2.2L直列4気筒2ステージターボチャージャーBlueTec)を搭載することで、最高出力177 PS/最大トルク400 Nmの力強い動力性能と燃費性能[25]を両立した。
4月
  • 23日、「E250 クーペ」「E250 カブリオレ」を一部改良[26]。これまでオプション設定[27]されていた前席シートヒーター付本革シートを標準装備化した[28]

グレード[編集]

現行モデル (日本仕様)[編集]

グレード 排気量 エンジン形式 最高出力・最大トルク 変速機 駆動方式
メルセデス-AMG E63 S 5.5L 157型 DOHC V型8気筒
ツインターボチャージャー付
585 PS/81.5 kg・m 7速AT FR
メルセデス-AMG E63 S 4MATIC
メルセデス-AMG E63 S 4MATIC ステーションワゴン
4WD
メルセデスーAMG E63 557 PS/73.4 kg・m FR
メルセデス-AMG E63 4MATIC
メルセデス-AMG E63 4MATIC ステーションワゴン
4WD
E550 アバンギャルド
E550 ステーションワゴン アバンギャルド[29]
4.7L 278型 408 PS/61.2 kg・m FR
E400 ハイブリッド アバンギャルド 3.5L 276型 DOHC V型6気筒 306 PS/37.7 kg・m
E400 アバンギャルド
E400 ステーションワゴンアバンギャルド
DOHC V型6気筒
ツインターボチャージャー付
333 PS/48.9 kg・m
E400 クーペ
E400 カブリオレ
333 PS/49.0 kg・m
E300 4MATIC アバンギャルド
E300 4MATIC ステーションワゴン アバンギャルド
DOHC V型6気筒 252 PS/34.7 kg・m 4WD
E300 アバンギャルド
E300 ステーションワゴン アバンギャルド
FR
E350 ブルーテック アバンギャルド
E350 ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド
3.0L 642型 DOHC V型6気筒
ターボチャージャー付
252 PS/63.2 kg・m
E250 アバンギャルド
E250 ステーションワゴン アバンギャルド
E250 クーペ
E250 カブリオレ
2.0L 274型 DOHC 直列4気筒
ターボチャージャー付
211 PS/35.7 kg・m
E220 ブルーテック
E220 ブルーテック アバンギャルド
E220 ブルーテック ステーションワゴン
E220 ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド
2.2L 651型 DOHC 直列4気筒
ターボチャージャー付
177 PS/40.8 kg・m

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ カタログ上ではエレガンスとは表記されていない
  2. ^ a b c d 平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)達成。
  3. ^ 「平成22年度燃費基準」達成。
  4. ^ AMGカーボンセラミックスブレーキに関してはパフォーマンスパッケージを選択した場合のみ装着可能。
  5. ^ エクステリアスポーツパッケージとメモリー付パワーシートを装備。
  6. ^ キーレスゴー、後席分割可倒式シート、メモリー付パワーシートを装備。
  7. ^ a b c d 7G-TRONIC PLUS
  8. ^ 「E250 CGI ブルーエフィシェンシー 125! Edition」セダンは「平成22年度燃費基準+20%」、他は「平成22年度燃費基準+25%」をそれぞれ達成。
  9. ^ a b 「平成22年度燃費基準+25%」達成。
  10. ^ 「メルセデス・ベンツEクラス」がエンジンを一新”. 2013年5月11日閲覧。
  11. ^ E250 ブルーエフィシェンシー クーペは5スポーク、クーペの他グレードとカブリオレはAMG5ツインスポーク
  12. ^ AMGスポーツパッケージと、レーダーセーフティパッケージ、前席シートヒーターを装備し、「E300 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド リミテッド」250台、「E350 ブルーテック アバンギャルド リミテッド」50台の計300台の限定販売。
  13. ^ 「平成27年度燃費基準+10%」達成。
  14. ^ レーダーセーフティパッケージ、18インチAMG5ツインスポークアルミホイールを装備し、「E300 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド RSP リミテッド」にはAMGスポーツパッケージと前席シートヒーターも装備。3モデル合計で1,200台の限定販売。
  15. ^ a b c 「平成27年度燃費基準+20%」を達成。
  16. ^ 同年7月19日より納車を開始
  17. ^ 「E250」にオプション設定。
  18. ^ AMG 4MATIC
  19. ^ マット調の専用ブラウンアッシュウッドインテリアトリムと前席・後席シートヒーター付本革シートを装備して室内の上質性や快適性を高め、360°カメラシステムも特別装備した。ボディカラーは「ダイヤモンドホワイト」を設定した。セダン300台・ステーションワゴン200台の計500台の限定販売。
  20. ^ 「E550」とAMG系グレードはサウランドオーディオシステムが、Bang & Olufsen BeoSound AMGサラウンドシステムとなり、オプション価格が割高となる。
  21. ^ 4つのカメラで、駐車時や狭い道などでの車両周辺の状況を確認できる。
  22. ^ 「E250ステーションワゴン」は後席分割可倒式シートのみ標準装備、「E250アバンギャルド」は、レーダーセーフティパッケージ、キーレスゴー、後席分割可倒式シートを標準装備するため、オプション価格は「E250」よりも割安になる。
  23. ^ 「E 400 AVANTGARDE」「E 400 STATIONWAGON AVANTGARDE」を追加 (PDF) - メルセデス・ベンツ日本株式会社 ニュースリリース 2015年2月18日(2015年2月19日閲覧)
  24. ^ Eクラス/CLSクラスに4気筒クリーンディーゼル搭載モデルを追加 (PDF) - メルセデス・ベンツ日本株式会社 ニュースリリース 2015年3月31日(2015年4月2日閲覧)
  25. ^ セダンは「平成32年度燃費基準+10%」、ステーションワゴンは「平成32年度燃費基準+20%」を達成。
  26. ^ E 250 (クーペ/カブリオレ)の装備内容を充実 (PDF) - メルセデス・ベンツ日本株式会社 ニュースリリース 2015年4月23日
  27. ^ カブリオレはパッケージオプション「本革シート&コンフォートパッケージ」の一部として設定。
  28. ^ 5月上旬発売開始。
  29. ^ 当初は左ハンドルのみであったが、マイナーチェンジ後は右ハンドルのみに変更された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]