メルセデス・ベンツ・CLK-LM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mercedes-Benz CLK LM

メルセデスベンツ・CLK-LMは、メルセデス・ベンツAMGとが1998年ル・マン24時間レース及びFIA GT選手権参戦用に開発した、FIA GT1/LM GT1規定のレーシングカー。

概要[編集]

Mercedes-Benz CLK LM フロント

前年のCLK-GTRの発展型であるが、エンジンは5リットルV型8気筒に変更され、ラジエターもフロントからサイドへ移された。そのためCLK-GTRと比べボンネットが低く薄くなっている部分が特徴である。また全体の設計が改められ、車体全体が低く、薄さが一際強調されたスタイルとなっている。CLK-GTR同様GT1ホモロゲーション取得用のロードバージョンが作られたが、市販はされなかった。

ル・マン参戦を公式に発表したのは予備予選も終った5月になってからで、ル・マン本番がデビュー戦となった。予選ではトヨタを抑えポールポジションを獲得するも(もう1台も3位)、決勝では2時間で2台ともリタイヤに終る。FIA GT選手権では第3戦ホッケンハイムで、CLK-GTRに換わりデビューし優勝。この後最終戦(第10戦)ラグナ・セカまで全てのレースで優勝し、2年連続でチーム(AMG)とドライバーズ(クラウス・ルートビッヒ/リカルド・ゾンタ)のダブルタイトルを獲得する。なおプライベーターには供給されておらず、ワークスチームのみの供給に留まった。

ロードカーの製作が必要だったGT1規定のマシンはこれが最後で、翌年はLM GTP規定の完全なるプロトタイプレーシングカー、CLRに発展することとなる。

なお1999年の全日本GT選手権MTCIチームがCLK-LMを購入してエントリーすることを表明していた。しかし、マシン購入の段になってインポーターとAMGの間でトラブルが発生したため(今もその原因は藪の中といわれる)、AMG側が車輌の譲渡に対して難色を示し、態度を硬化させたことから、結局エントリーを断念した。もっとも、MTCI自体も後に倒産したため、仮にMTCIがCLK-LMを購入できたとしてもチームとしてやって行けたのかという点には疑問が残る。