メリー・コルヴィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メリー・コルビンから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

メリー・コルヴィンMarie Catherine Colvin1956年1月12日 - 2012年2月22日)は、アメリカ人ジャーナリストサンデー・タイムズに所属していた。

概要[編集]

1956年、アメリカ合衆国ニューヨーク州ロングアイランドに生まれる[1]エール大学を卒業後、UPI通信を経て、1986年にサンデー・タイムズに移籍[1]レバノン内戦や第1次湾岸戦争チェチェン紛争東ティモール紛争など世界中の戦場紛争地などの危険な取材を重ねる中、2001年スリランカ内戦の取材時に左目を失明[1]。その後、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負いながらも現場復帰し、その際に付けるようになった黒い眼帯は彼女のトレードマークとなった[1]

2010年にはブリティッシュ・プレス・アワード(British Press Awards)の優秀外国人記者に選ばれた[1]

2012年2月22日、シリア騒乱が起きていたシリアのホムスにて、反政府勢力側の取材中に政府軍の砲弾を受けて死亡[1]。56歳。

2018年、彼女の生涯を描いた映画『ア・プライベート・ウォー』が制作され、ロザムンド・パイクがコルヴィンを演じた。

出典[編集]

関連項目[編集]